/ /経済的方法に基づく企業およびその部門の自己資本の管理

経済的方法に基づく自社の資本およびその部門の管理

古い生産管理フレームワーク内部生産部門のレベルでの管理の経済的手法の概念を強化することは、ビジネス・ユニットに対する企業レベルで動作させ、そのような会社の資本金の管理とガバナンス構造のモデルを使用したいという願望が含まれています。市場要素の使用は、企業とその部門の両方にとって全く新しいものです。この問題を解決するために研究者は、問題に焦点を当てています。経済的自立、アカウントが存在することを特徴とします。ローンを取得する。受け取った収入の分配方法の選択、管理の改善方法 運転資本。 研究の必要性がある純粋に経営の市場要素を使用することの便宜性:利益、価格、財産権を生産単位のレベルで使用すること。このような状況では、自社の資本の管理は、利益を得たいという欲求が、単に国有企業の従業員の行動よりも新しい製品、サービス、またはアイデアを所有する人々をより意欲的にするという事実を考慮しなければならない。

アスペクトの構造単位を考える経済管理方法を強化するには、多くの問題を解決する必要があります。どのようにこれらの条件で会社の自己資本の最も効果的な管理を整理する?内部生産部門の組織の独立性を高める機会はありますか?利益尺度を使用してすべての事業単位の活動を評価することは可能ですか?すべてのビジネスユニットがアカウントと個人アカウントを入力する必要がありますか?誰がクレジットを与えるべきですか?誰がそれらを発行するためのルールを確立する必要がありますか?所有権に対する会社の部門の比率はいくらですか?

ビジネスユニットのマネジメントシステムの改善の最初の理論上の前提は、商業企業に使用される経済モデルの使用です。

もちろん、企業に使われているモデルをそのまま使用することは不可能ですが、後者の要素の多くは借りることができます。

この分析は、以前に経済的な計算モデルの部門の実施に使用し、十分に有効ではなかった、と企業の自己資本の管理が期待される結果をもたらすことはありませんでした。彼らは彼の問題を解決し、基本ませんでした:芸術家は仕事の経済的インセンティブを確保し、生産の全体的な性能を低下をもたらし、コストを増加させます。知られている自立型モデルの低効率の主な理由は、彼らが企業内の生産単位の必要な経済的自立を提供していないということです。

経営陣は、構造単位に関する同社の自己資本は、行政と経済の経営手法を調和させるべきである。経済管理方法の開発では、行政管理方法が事実上取り消されているのは事実ではない。特定の最適なドッキングが必要です。このような状況からの脱却は、必要な生産効率を保証する予算管理方法を用いた自社の内部生産部門の活動のための経済管理システムの開発と実施であるべきである。このシステムは外国のものと類似したものではなく、同時に国内の既存のシステムとは根本的に異なっています。

市場関係の問題を解決する前例の欠如のために、企業とその部門は非常に困難です。外国企業の経験は、企業の構造における構造的細分 - ワークショップ、プロット、旅団 - は事実上、私有財産、市場関係の形態の直接的な実現を有していないことを示している。彼らは、主要部門の生産業務を確実にすることを目的とした堅固なシステムで働いています。西側では、行政制度は経済的方法とモデルと連携して機能する。それと比較して、われわれには、経済的な方法では支持されていない管理システムが不十分である。

課題は、行政と経済の管理方法のバランスをとることです。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加