/ /店舗を開くために必要なもの:書類および備品

店舗を開くために必要なもの:書類および備品

一度自分のことをすることに決めたらビジネス。店舗を持つという夢は、商業的な成功と計画の実行に常に希望を与えています。現実になると、店舗を開くために必要なもの、すべてを適切に機能させるために必要な文書や装置が問題になります。この記事では、これらの詳細を理解するのに役立ちます。

あなたが店を開くために必要なもの

建物の賃貸借契約を締結する前営業部門の将来のためには、店舗の所在地が出席者および対象消費者グループの可用性に最適かどうかを検討する必要があります。もちろん、その場所は、快適で広々とした、良い照明でなければなりません。これらの問題を解決したら、あなたは忍耐強く、一定の一連の行動に従う必要があります。

  • 承認書類を発行する。
  • トレーディング目的の活動のすべての側面を含む電子プロジェクトの形で店舗の計画を考える。
  • 従業員の仕事受付を受け入れる。
  • 列車の従業員;
  • 店舗用機器、機器(コンピュータ、照明)
  • インストールソフトウェア(会計システム、ウイルス対策プログラムなど)。
  • ビデオ監視システム、盗難警報装置、消防設備を設置する。
  • 販売のために商品を店に詰めてください。
  • 広告看板を掲示する。
  • バイヤーに開放について知らせる。
    ショップ機器

許可の必要なパッケージは、取引組織(LLC、CJSC、JSC)の所有形態、その場所がリースされているか購入されているか、またビジネスラインから所有されているかによって異なります。

あなたが店を開くために必要な最初のもの - 登録された人の居場所に付された税務サービスへの登録。 「法人の国家登録に関する法律」(第12条)によれば、執行機関は以下を引き渡すべきである:

  1. 申請者の署名付きでロシア連邦政府が設定した形式に従って登録が完了した旨の申請書。
  2. 法的実体の確立を決定するプロトコル、契約書またはその他の文書。
  3. 法的実体の構成行為(公証されたコピーまたは原本)。
  4. 外国法人の登録簿から抽出された形で外国人の法的地位を確認する法律。
  5. 州の義務の支払いのための領収書。

この法律の第8条は、その登録は(データの提示日から登録機関への)最大5営業日まで授与されること。ドキュメントを提供するためのオプションについては、9番目の記事で説明しています。

あなたがモスクワで働くことを計画しているなら、公共ケータリングはモスクワの商業登録簿に記入し、証明書を取得する必要があり、すべての卸売及び小売業を:あなたは3.27.01から「モスクワの商業登記について」モスクワ政府の決議で、お店を開く必要があります。この手順については、あなたが提出しなければならない:商業登記簿のエントリのためのアプリケーションは、(それが営利事業、貿易方向のタイプを指定し、製品の範囲やサービスのリストエリア)、登録証明書の写し、リースまたは所有権及びその他の証明書のための契約。

子供用品の取引装置

製品の範囲が決まると、ロシア連邦の法律「製品とサービスの認証」に基づいて必然的に商品の認証を通過することになります。また、衛生疫学検査官と消防署にも訪問しなければなりません。そして、それはあなたが店を開くために必要なすべてではありません。残りの機器。

子供服の貿易装置高い要求がなされているすべての安全条件を満たすだけでなく、施設の設計に調和して適合すべきである。部屋が小さければ、シンプルなラックとカウンターが完璧です。広いエリアでは、壁掛けラックを選択してください。子供たちがおもちゃに触れることができるように店舗をオープンにする必要があります。これにより、売上高が大幅に増加します。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加