/ /母乳とプルーンの栄養補給

授乳中の母親の栄養とプルーン

赤ちゃんに胸を供給している母親、自分の食生活を考える必要があります。 Grudnichka体は、多くの食品に準備ができていないし、彼らは望ましくない副作用が発現することができますので。この記事では、母親の食事療法についての有用なアドバイスを与えている良い、女性授乳おおよそのパワーだけでなく、記載されているアレルギーのproduktyiを与え、それを呼び出して、あなたはプルーンの母乳を食べることができるかどうかを定めます。

プルーンの利点

プルーンにはたくさんの有機物が含まれています酸、カルシウム、リン、鉄、カリウム、マグネシウムなどの微量元素が含まれます。また、ビタミンB、C、A、PPを含み、ペクチン、フルクトース、グルコースおよび繊維を含む。それは、下剤、抗菌、cholereticと利尿効果があり、心血管系に有用であり、消化を改善し、はるかに。

母乳育児のプルーン

母乳育成のプラムプルーン

下剤効果のために、母子中に頻繁な便秘の場合にはプルーンをお勧めします。しかし、このような問題がなければ、下痢の原因となることを避けるために、この製品を取り消すか、または少しずつ食べるべきです。また、上記のビタミンや微量元素はすべて、ママや赤ちゃんにとって非常に役立ちます。新製品と同様に、母乳育児のプルーンは、子供の中でそれに対するアレルギー反応の有無を判断するために徐々に食事に導入する必要があります。これらが観察されない場合は、最終的に1日に3〜4本のベリーを摂取してください。さらに、プルーンにはカロリーが多く含まれているため、カロリーがあまり関わってはならないもう一つの理由です。

母乳育児に剪定する。推奨事項

以下の推奨事項に従うと、プルーンはあなたとあなたの赤ちゃんに恩恵をもたらし、害はありません。

赤ちゃんのgvでの母親の栄養

  • 家庭で栽培されたこのドライフルーツを使ってみてください。しかし、購入していません。または、チェックした場所で購入してください。
  • 魅力的な外観で新鮮なプルーンを購入してください。
  • 使用前に沸騰水で洗ったり蒸す。
  • 他の製品、まだテストされていない赤ちゃんの反応と組み合わせてはいけません。

子供の母親の栄養

授乳中の母親はより多くのビタミンを必要とし、いくつかの制限を遵守する必要があります。喫煙や飲酒を完全にやめるなど、強いコーヒーや紅茶の量を減らすなど、

アレルギーの原因となる食品
ブドウ、脈拍、脂肪、燻製、揚げ物食べ物。ガード付きの母親に必要な製品は、乳製品、魚肉および鶏肉の肉、野菜およびバター、粗粉またはふすまのパン、野菜および果物、緑茶またはハーブティー、クラッカー、クッキー、および35 g体重1kgあたり。

母乳育児の赤ちゃんにアレルギーの原因となる製品。

何が食べるのか授乳中の母親は、赤ちゃんの健康状態に直接依存します。一部の食品はアレルギーの原因となることがあります。したがって、イチゴ、柑橘類、ラズベリー、牛乳、卵、パパイヤ、ザリガニ、蜂蜜、カニ、サバ、キャビア、チョコレート、ピーナッツなどの食品には注意が必要です。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加