/ /妊娠中の二番目のウジ

妊娠中の二番目のウジ

あなたが知っているように、超音波処置はすべて妊娠している女性。これは、赤ちゃんの状態、その発症の正確さについて学ぶ唯一かつ最も信頼できる方法です。時間が経つにつれ、診断は迅速な治療を可能にする。特に、流産の脅威と診断された女性、および子供における様々な遺伝病の発生の可能性が除外されていない場合、この処置は重要である。

はい、そして女性自身がこの手順を楽しみにしています。なぜなら、彼らがウジを妊娠させると、ママは彼女の赤ちゃんを見るからです。これは、母親と子供のつながりの一層の強化に寄与する。

最初の調査が12の締め切りに行われた場合妊娠中の2番目のウジは、第2期の終わりに、約22〜24週に任命される。この時点で、赤ちゃんは30センチメートルの長さに達し、体重は約650グラムです。内臓はすでによく発達しており、安定して働く。非常に迅速に脳を発達させます。この期間中、母親は確かに胎児の動きをすでにはっきりと感じており、赤ちゃんは隠れているかのように胃に触れるようになり始め、逆にハンドルや脚を突き出す。赤ちゃんは母親の声を区別し始め、それは振動と振動の形で彼に来る。子供が24週間以内に生まれることが起こった場合、彼は生き残るチャンスはありますが、まだ生き残るチャンスはあります。それは理想的な病院の状況でのみ、まれに起こります。

それで、スペシャリストは何のように見えますか、これが第2のウジであれば妊娠中に?すべての臓器は既に独立して機能するように開発されているので、これらの臓器のそれぞれについて構造の正確さ、安定した機能性が検査されます。心と脳には特に注意が払われます。妊娠中の2番目のウジは、胎児の発達の様々な異常や病理の排除(またはその逆)の手順であると言えるでしょう。身体のすべての部分の義務的測定が行われ、それに基づいて、赤ちゃんの発達が妊娠期間に対応するかどうかが分析されます。彼らは子供の顔、正しい構造と対称性を見る。親にとって最も重要なのは、赤ちゃんの性別を判断することです。妊娠中の2番目のウジはすでに、男の子または女の子であると予想される人を決定する可能性が非常に高い。

慎重な検査は赤ちゃんだけでなく、と彼の側近。胎盤の構造は酸素と栄養素の供給に関与しているため、最も注目されています。それは、羊水の量を測定するために測定され、低水または多汗症で診断することができます。

もしあれば胎児や環境の病理、ママは必ずしも赤ちゃんのためと自分のために両方の様々なリスクを回避するために検査し、更なる処理のために送られました。

この段階で、あなたはとてもうまくいくでしょう超音波装置の画面に赤ちゃんを見る。そこに入るのはそれほど大きくはないし、それほど小さくて、見るのも難しくない。良いデバイスはすでに子供の顔を見ることができます。妊娠中の2番目に計画されたウジは、超音波で写真を撮りたい方や理想的です。ディスクに手順を記録してください。多くの医療センターは、3Dや4Dでの調査を実施しています。イメージは非常に明確で容積があり、赤ちゃんははっきりと目に見えます。あなたは彼の顔の特徴を見て、彼がどのように見えるかを知ることさえできます。この手順は、赤ちゃんがまだ小さすぎて何かを見るのが難しいため、短期間はお勧めしません。 3番目の妊娠では、それは大きすぎるので、イメージはあまり美しくありません。もちろん、州の診療所はそのようなサービスを提供していません。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加