/ /イスラム教を受け入れる方法は?機能、要件、および結果

イスラムを受け入れる方法?機能、要件、および結果

この記事では、私たちは服用方法について説明します現代世界のイスラム教、どのような理由でこの宗教の信奉者になるように人を誘導するかもしれない、そしてイスラム教それ自体について少し。さらに、私たちはイスラム教徒の生活の特殊性に言及します。それは長所と短所の両方として見えるかもしれません。

イスラム教を受け入れる方法は?

イスラム教徒の女性

なる方法について話す前にモハメッドの教えの信奉者、それは彼自身について覚えておく価値があります。イスラム教は根本的に新しい信仰を表すものではありません - 事実、それはただ一人の真の教えであり、ただ一人の神がいる、そして彼は崇拝されるべきであると言うのです。この考えは多くの預言者を通して放送されました:彼らの中にはアダム、ノア、ソロモン王、洗礼者ヨハネ、イエス・キリストがいました。したがって、イスラム教は常に存在していました。ちなみに、「イスラム教」という言葉自体はアラビア語から「従順」、つまり神の律法への忠誠心として訳されています。そのおかげで、人は自分自身と主との平和を見つけることができます。

預言者の到来

しかし、歴史の過程で、神によって送られた教えそれは修正され、歪められました - この理由のために、ますます多くの新しい預言者が地球に送られました。第一に、一つの創造主への信念が実際に疑問視され、第二に、各使節が人々に神についてもう少し詳しく伝えました - しかし、彼らが自分たちの発達の段階で受け入れることができるのと同じくらい。ですから、神の啓示が述べられている本は、もはや誠実な信者のための行動への信頼できるガイドではありえません、そしてそれらもすでに唯一の真の教えから離れています。そして、イエスが地上に来られてから600年後に、アッラーは彼の預言者ムハンマドを送った。彼は神の大勢の使者たちのうちの最後の者であった(全部で約124人がいた)。それは彼の信者が今日まで保持している教えの最終的な形を人々に与えたのは彼でした。イスラームを受け入れた最初の人はアブ・バクルでしたが、預言者の最初の追随者であり仲間は彼の最愛の妻カディヤでした。

採用のための準備

イスラム教徒の家族

多くの外部観察者は関係する傾向がありますイスラム教はポジティブよりネガティブです - 彼らの心の中にはこの古代の宗教の信奉者についてはかなり不快な固定観念があります。しかし、人が伝統とそれに従う人についてもっと知ると、すべてが変わります。多くの場合、宗教と密接に関連している珍しい文化への関心は、彼がイスラム教の基本原則に同意し、その採用の道徳的準備が整ったという事実につながります。 「イスラム教をどのように受け入れるか?」結局、あなたが以前に他の宗教に遭遇したことがあるならば、結局のところ、あなたはそれらのほとんどに採用の非常に複雑な手順があることを知っています。多くの人にとって、これは障害になります。

手順自体について考える前に、なぜ人がそれを必要としているのか、宗教において何を求めているのかを理解する必要があります。もちろん、これは個人的な問題です。

将来的には、主に勉強する必要がありますイスラム教の位置、伝統の主要な本 - コーラン。多くの都市では、イスラム教に興味がある人のためのコースに参加できる特別なセンターがあります。そのような人々が周りにいるならば、身近なイスラム教徒とコミュニケーションをとること、あるいは実際にあるいはインターネットで彼らと知り合うことは合理的かもしれません。信者の信者とコミュニケーションをとることは、その特異性についてのより良い理解を間違いなく提供するでしょう。ところで、新しい信者とコミュニケーションをとることはあなたの道を見つけるのにも役立ちます - 彼らの経験はあなたがあなた自身の将来の発展のための選択肢を評価することを可能にします。さらに、どのような種類の人々がイスラム教に改宗したか、彼らが何であるかを理解することは、初心者にとってしばしば重要です。それでも、環境は宗教の選択などの責任ある決定を下す上で重要な役割を果たしています。さらに、これらの人々がイスラム教に改宗した年に大きく依存します。多くの人が、この重要なステップの後で自分たちの生活はより良い方向に大きく変わった、彼らがはるかに幸せになった、「過去」の生活からの出来事に対する彼らの見方が大きく変わったと主張する。アッラーを信じることは彼らが自分自身を信じ、彼らが本当に正しい道をたどり、間違いを少なくし、楽園に値する強い個性に変身することができたと信じさせました。

ヒジャーブのイスラム教徒の女性

預言者の信奉者になるためにムハンマド、あなたはまずこれが本当にあなたの宗教であることを確認しなければなりません。もちろん、この問題は、ある人がイスラム教を受け入れるかどうかを決めるときに起こりますが、それに対する答えは真実でなければなりません。なぜならそれはアッラーに与えられ、人々には与えられないからです。さらに、人は神を信じなければならず、神を信じてはならない。聖クルアーンはアッラーの言葉であり、預言者や天使たちを信じている。 。

採用手続き

実際に最初にイスラム教を採用するとても簡単です。それがキリスト教またはユダヤ教で起こるように、この宗教にその信者になるための特別な検査や儀式はありません。それがアラビア語で呼ばれるように、イスラム教を採用する方法を学ぶために、それは信仰の証拠を読むか暗唱することで十分です。この小さなテキストのおおよその翻訳:「アッラー以外に神はおらず、ムハンマドは彼の預言者です。」しかし、もちろん、このフレーズを言っただけでは十分ではありません。その意味を理解し、それを本当に信じることが必要です。ほとんどの場合、イスラム教の信者は、ムハンマドの教えの信奉者になるには不注意でシャハダを発話するのは十分ではないと信じています。

採用手続きに関するステレオタイプ

イスラム教を受け入れる場所は重要であるという意見があります。 モスクがこれにとって唯一の正しい場所であると信じている人もいますし、現時点ではウンマの新参者であることを証言できる人がいるはずです - イスラム教徒のコミュニティ。もちろん、これは理想的な選択肢ですが、この瞬間を観察することは基本的に重要ではありません。しかし、少なくとも1人のイスラム教徒にとって、イスラム教で使われている言葉を話す人を聞くのは良いことです。

それに加えて、ある人は順番に人がイスラム教徒になるためには、割礼を受けなければなりません。これは全く真実ではありません - ムスリムにとってこの行動は必要ですが、それは男がイスラム教に来た瞬間の後にすることができます。

同じことが徹底的な完全洗浄にも言えます。確かに、それはその最初のナマズを始めるために、shahadaが発音された後に完成しなければなりません。しかし、イスラム教を受け入れる前に、清めは必要ありません。

女性への注意

多くの人に質問があります。 「どのようにしてイスラム教徒を少女に変えるか?」その作り方は男性でも女性でも共通です。もちろん、その影響は考慮に入れられるべきです - 結局のところ、イスラム教における女性の地位は非常に独特でヨーロッパ人にとって珍しいものであり、一見したところそれは完全に野生に見えるかもしれません。したがって、女の子は性別の問題をよく研究し、自分の決断を複数回検討する必要があります。これは、人生や世界観に大きな影響を与えるでしょう。

イスラム教の恩恵

この宗教の信者は、彼らの意見では、イスラム教が他の可能な選択肢よりもはるかに優れているという多くの例を引用することができます。それらのいくつかを考えてみましょう。

ムスリムハジ

だから、イスラム教では、人はアッラーに頼る直接、仲介者なしで、神との個人的なつながりを築きます。彼は常に全能者が彼の人生について知っていて、必要ならばそれが救助に来ることができるということを覚えています。

イスラム教はほとんどすべてに答えを含んでいます一生の間に人が持つかもしれない質問。あなたが正確にどの行動や決定が特定の状況で正しいかを知ることを可能にします。この意味でのイスラム教はそれ自体非常に具体的であり、行動の選択肢はほとんど常に明白です。

興味深いのは、フォロワーとは違い、他の宗教では、ムスリムは罪を悔い改めるために調停人のところへ行く必要はありません。私たちはすでにここで神との個人的な接触が確立されていると述べたので、悔い改めのプロセスはできるだけ誠実であるべきです - この場合だけ、慈悲深いアッラーは罪を赦します。ちなみに、イスラム教に改宗した人は絶対にすべての犯罪を許されています。実際には、この宗教に来た後、彼は一から、人生を新たに始めます。

将来の生活

ロシアのモスク

人ならばそれも間違いありません彼はイスラームに身を置いています、彼は彼の魂の中で平和と静けさを得ます。しかし、そのような議論はあらゆる宗教に有利に働くことができます - 結局のところ、誠実な信者は常に彼が探しているものを見つける。そしてもちろん、イスラム教に来て、人は地獄の苦痛から身を守ります、そして、彼が良い人生を送るならば、彼は将来アッラーの憐れみを得て、楽園の場所を得ることができるでしょう。ムスリムの信仰によれば、そこには地球上の生活よりもはるかに良い生活があるでしょうが、興味深いことに、この世のように、すべてが本質的に同じ肉体で身に着けられるでしょう。楽園は劣らず、地球よりもっと現実的です。

ロシアのイスラム教徒

イスラム教に改宗したロシア人はそれほど遠い一見しただけのようなまれな現象。ロシアの民族をイスラームに導いた理由は数多くあります。これは個人的な同情と家族の中のキリスト教の伝統の弱さ、そして私たちの国の人口のかなりの層を代表するイスラム教徒との結婚の両方です。ペレストロイカ後の期間にイスラム教に改宗したロシア人の数が著しく増加したことに注意すべきです。

歴史の例

ロシアのイスラム教徒

前の時代のロシアの歴史にはありませんそのような例は多すぎるが、それでも伝統的な宗教は強すぎた - キリスト教。しかし、規則には常に例外がありました - この話題の中で、ウラジミール王子がどのようにして宗教を選択したかという記録から、別の話を思い出すことができます。誰もが覚えているように、いくつかの選択肢の中でイスラム教がありました、しかし、伝説によれば、王子はそれを拒否しました、なぜならこの宗教ではアルコール飲料の使用の禁止があるからです。その後、イスラム教への自発的な回心は稀なままでしたが、イスラム教徒が優勢に住んでいた国々との戦争の間に、一部の捕虜はイスラム教に回心しました。そして1649年の大聖堂法典では、正教会のイスラム教徒信仰への傾倒の厳格な禁止についてのメモさえ存在していました。 20世紀の初めに、状況は劇的に変化しました、そして、イスラム教への移行の例はますます頻繁に現れ始めました。すでに述べたように、まさしくそのピークは1990年代に来ました。

宗教の抗議

パキスタンのモスク

多くの点で、ロシア人にとって、イスラム教は宗教のように見えます。正教会に抗議 - 特にクリスチャン教会で自分たちの質問に対する答えを見つけられなかった、そして伝統的な宗教を不名誉な、そして恐らく問題のある現代社会では危険でさえあると考える若者のために。しかし、一般的に、イスラム教は普遍的な宗教として位置づけられています。そして、それはすべての問題のある問題に答えを与えることができます、そしてそれは常に関連があり、そしてそれは常識に完全に基づいています。ちなみに、一部のイスラム教徒にとって、民族的なロシア人がイスラム教にやって来たという事実は、民族性や人種にかかわらず、これが一般化された唯一の真の宗教であることを証明しています。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加