/ /どのように正教会のキリスト教徒がバプテスマを受ける。正教会の十字架と永遠の命

どのように正統派のキリスト教徒がバプテスマを受けているか。正教会の十字架と永遠の命

どのように正統派のキリスト教徒がバプテスマを受けているか

最初の3つは、一緒に折りたたまれ、右の指手のひらは主の十字架、すなわち父なる神、息子の神の中、そして聖霊の中の信仰を表しています。右の手のひらの他の二つの指は、人間と神(キリストは人間 - 神)であるキリストの二つの性質です。正教会がどのようにより洗練されたのかを述べると、それは次のようになります。右の手のひらの指を折りたたみます。大きな指先と中間の端がお互いに繋がり、聖トリニティを象徴しています。他の2本の指:薬指と小指 - あなたの手のひらにできるだけ近づけ、天から地に神の御子の降下を具現化する。私たちは十字架の旗を渡ると、折りたたまれた指を私たちの体の4つのポイントに押し付けます。私たちの心の神聖化のために、私たちは主の十字架(3本の指)を額に当て、心と感覚を聖別し、腹に、体の力を聖別するために、右に、そして左の肩に付けます。

正教会がバプテスマを受ける方法
正教会のキリスト教徒がどのようにバプテスマを受けていないか考えてみましょう。公の礼拝の時。この場合、十字架のサインをする過程で、「父(私たちは額を奉じます)と息子(私たちは腹を奉納する)と聖者(私たちは右肩を奉献)の名前で、私たちの体の特定の領域を神聖にする言葉を発音する必要があります精神(左肩を浄化する)。アーメン、 "右手と弓を下げる。

正統派キリスト教徒が右から左へバプテスマを受ける理由

実際のところ、私たちの右肩は救われた魂、そして左 - 鬼と罪人のための滅びる地獄と煉獄の場所。つまり、私たちがバプテスマを受けたとき、私たちは救われた魂の運命への私たちの割り当てを求め、地獄で燃える運命から私たちを救ってくださいます。

正教会の十字架

このキリスト教の主なシンボルは一度イエスキリストを実行した。彼は世界の罪のための贖罪という名のもとに十字架につけられました。正教会では、十字架は教会の強さと力に集中しており、すべてを征服する霊的な道具です。いろいろな悪霊(例えば吸血鬼)を撃退するのは十字架であると信じられていて、それが汚れたものに適用されるならば、その人の皮膚は腐敗のように燃やすでしょう。

正教会の十字架
教会から遠く離れた正教会の人々十字架はイエス・キリストの執行の道具であり、彼らがこの道具を崇拝することをキリスト教徒たちに叱責します。しかし、これは狭義の話だけではありません。正教会のキリスト教徒は、執行の道具を崇拝するのではなく、永遠の命の十字架(永遠の命の象徴)を礼拝する。イエス・キリストのために十字架につけられ、苦しみで罪のために贖われた。

永遠の命

イエスは十字架の上で十字架につけられます。我々はそれを見る。 逆説的に、十字架につけられたキリストでは、残る永遠の命です。そういうわけで、正教会の十字架は命を与える木です。何のためでもなく、バプテスマで私たち一人一人は、彼の人生のすべてを首に回して、胸の十字架を受け取ります。

なぜ正統派のバプテスマを受けているのですか
これは霊的闘争の武器の人格、シンボルです私たちの救いと告白。祈って主に向かう正教会のキリスト教徒は、神と彼の愛する人を病気から、敵から、汚れたものから守るように求めています。

そこで、この記事では、簡単に試しました正教会のキリスト教徒がどのようにバプテスマを受けているかを記し、また、彼が描写した正教会の十字架と永遠の命について話しました。私たちの記事があなたに役立つことを願っています。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加