/ /炭水化物は健康的な食事の重要な要素です

炭水化物は健康な食事の重要な要素です

炭水化物には消化性と難消化性の2種類があります。タンパク質や脂肪とともに、消化可能な炭水化物はエネルギー供給者として重要な役割を果たします。

消化不能な炭水化物はいわゆるセルロース。食物繊維は蠕動運動に刺激作用を及ぼし、コレステロールや毒性物質を吸収し、腸の正常な機能に最も適した状態を提供するので、食事中に特別な役割を果たす。

炭水化物は、肝臓で形成される毒性化合物との相互作用にも必要である。それらは、それらを容易に可溶性で無害な物質に変換するのを助ける。

食べ物に使われる炭水化物の大部分は、能動的な脳活動に使われていますが、今はすべての症状の中で砂糖を食べる必要があるわけではありません。

構造の複雑さ、同化のスピード食物中の可溶性炭水化物は、単糖類(ガラクトース、フルクトース、グルコース)および二糖類(ラクトースおよびスクロース)に分けられる。また、単純な炭水化物には、化学処理の影響を受け易い食品中に豊富に含まれる濃縮され単離された品種だけでなく、菓子類および精製糖が含まれる。

複雑な炭水化物には、多糖類(グリコーゲン、デンプン、繊維、ペクチン質など)が含まれます。複雑な炭水化物は複雑なもので、天然産物にのみ含まれています。

簡単な炭水化物は簡単です水に溶解し、非常に迅速に同化する。彼らは顕著な甘味を持ち、異なるタイプの砂糖と甘味料に属します。単純な炭水化物の最も一般的な代表は精製された砂糖です。

大人または子供が好奇心を持っている場合甘い - それはアルコール依存症と同様に危険です。最初はおいしくなり、依存関係が現れます。このため、多くの恋人は、めまい、疲労、不眠症、頭痛、うつ病、視力障害および肥満を呈する。すべてこれは代謝障害を示します。

体内の過剰な炭水化物が原因血中の糖分の量を増やします、そしてそれのほとんどは体によって使われませんが、脂肪細胞に沈着します。太った人はあまり食べないことが多いですが、代謝の失敗は未消化の物質の循環に一定の不均衡を引き起こし、それらはセルライトと脂肪の形で沈着します。

簡単にできる最悪のこと炭水化物 - さまざまな脳腫瘍やアテローム性動脈硬化症の形成。また、余剰の砂糖は腸内細菌叢の働きに悪影響を及ぼします。腐敗の過程は激化し、気象が発達します。

砂糖の悪影響を減らすには、新鮮な野菜、レタス、果物、じゃがいも、豆類、チーズ、ナッツの代わりにそれを食事から除外することが必要です。

複雑な炭水化物は私たちの体に最適なエネルギー源です。体内では、たんぱく質を多く含む食物しか摂取できません。

人体は格納できませんブドウ糖なので、定期的にそのレベルを維持する必要があります。これは純粋な形で消費されるべきであるという意味ではありません。例えば、とうもろこし、じゃがいも、果物、野菜に豊富に含まれているでんぷんなど、複雑な化合物の構成にするのが良いでしょう。これらすべての製品は、繊維、ビタミン、そして効果的に病気と闘う微量元素の貯蔵庫です。

炭水化物はのために不可欠な電源です。脳と神経系全体複雑な炭水化物は、植物繊維から徐々に放出されるため、単純なものよりはるかに長く消化されます。これはあなたが血糖値を保つことを可能にし、インスリンの急激な上昇を引き起こさない。

しかし、食物繊維を過剰に摂取すると、タンパク質、ミネラル、脂肪の消化率が低下し、鼓腸も誘発される可能性があるため、注意が必要です。

炭水化物の不足はしばしば体脂肪の減少したがって、体重を減らしたい人は自分の食事の炭水化物を排除することができますが、この場合、体のエネルギーはタンパク質や脂肪からもたらされ、その結果として代謝が妨げられます。

炭水化物は胃腸管の正常な機能のために不可欠な要素です、そのためそれらの欠如は便秘、ポリープそしてさらには結腸癌につながることができます。

野菜、果物、穀物、ナッツが体に栄養を与えます十分な炭水化物。これは脳に良い栄養を与えるだけでなく、アテローム性動脈硬化症、糖尿病、そして冠状動脈性心臓病の危険性も減らします。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加