/ /発行証券

発行済証券

有価証券は性質を有し、異なる理由で分類されている。エミッシブおよび非発行の有価証券は、発行方法に従って配分される。

そのような特徴を持つ証券不動産および非財産権を統合する能力としての兆候、1つの問題の中で権利を行使するための問題の均等な金額および同じ条件の配置は、そのような証券が取得される時期にかかわらず、

発行 - 貴重な発行のための発行者の行動有価証券および所有者間のその配置本質的に、株式証券は証券市場のバックボーンを形成します。民法の取引を締結した結果、その所有権は発行者から所有者に移ります。

発行者は追加の資金調達を行い、公開会社の地位を作成する必要があります。最も頻繁に発行される債券、株式など

有価証券の種類は次のとおりです。このような有価証券は、書類形式の登録用紙、非書類形式の登録用紙、書類形式の有価証券の形式で発行されます。

発行体の発行形態の選択は、その構成文書、発行目論見書および有価証券発行の決定において決定される。

証書をドキュメンタリー形式で発行する場合、所有者は、購入したすべての種類の有価証券について統一的な証明書を発行することができ、その額、額面価額および額面価額を示します。

発行された有価証券は、証明書。そのようなセキュリティの1つには、1つの証明書しか付随できません。したがって、各証明書は、それに応じて、1つ、すべてまたはいくつかの証券に対する権利を1つの登録州番号で証明することができる。

の有価証券の発行を決定するとき証明書が所有者の手に渡されるか、または保管庫に集中保管されるかを決定する権利を有しています。

ベアラーへの有価証券はドキュメンタリー形式でのみ発行されます。それらとは異なり、登録はドキュメンタリー形式と非ドキュメンタリー形式の両方で発行することができます。

すべての財産権と非財産権、ドキュメンタリー形式と非ドキュメンタリー形式で固定されている証券は発行され、発行および発行の条件は貴重な発行紙のすべての兆候の総数に対応する必要があります。

外国発行体がロシア連邦で発行する証券は、連邦委員会が発行した特別目論見書の登録後に認められる。

ロシアで登録されたエミッターによって発行された証券を発行する必要がある場合、その決定は連邦委員会の同意がある場合にのみ受け入れられる。

ドキュメンタリーセキュリティを構成する権利は、証明書と排出量の決定を証明します。非ドキュメンタリー証券の場合には、同様の権利が発行されることにより確認されます。

エミッシブ証券は、発行および法令上の決議によって設立された範囲で、所有者の権利を修正します。

持分証券の証書これは必須細部の数の存在でなければなりません:発光組織の正式名称は、登録されたアドレス、有価証券のライセンス番号、所有者の権利を確保するために発行者の義務、発行した証券数の表示、管理者によって署名された放出形態、発行者の印鑑、法律を指定するために必要なその他の詳細の表示。

法律に従って、問題の下に登録されていない何らかの理由で発行証券を所有者に置くことはできません。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加