/ 所有権の種類と形式コンテンツと主な機能

所有権の種類と形式コンテンツと主な機能

ロシアの憲法に従い、民間、地方自治体、州およびその他の形態の財産に対する権利は、我が国において認識され、保護されている。

企業は本質的に創業者が自己のリスクと起業家活動のリスクでそれを実施することを目的としています。原則として、企業には設備、棚卸資産、債務、権利および請求権、ならびにすべてのタイプの財産が含まれています。ロシア連邦民法では、経済社会やパートナーシップ、州と地方自治体の企業、生産協同組合など、そのような種類と所有形態が区別されている。

所有権の種類と形態

所有権の種類と管理の形態:

1)完全なパートナーシップはすべてのタイプと所有形態それには、それらの間で締結される条約に基づいて活動を行う者が含まれる。彼らが負う責任は無制限であり、実際には、企業の失敗や失敗の場合の財産の損失を意味します。

2)信仰に関するパートナーシップは、主な参加者に加えて、企業の活動に参加しない投資家が含まれているため、第1のタイプの管理です。負債に関しては、預金者は自身の財務のみをリスクとし、参加者は第1の経営形態の参加者と同じ無限責任を負います。

3)有限責任会社またはLLC。その主な人々は、構成文書に従って、首都をすべて共有する人々です。名前が示すように、彼らは自分たちの貢献だけを危険にさらします。

4)所有権の種類と形態が細分化されている追加の責任を持つ企業にも適用されます。原則として、それらは複数の人物または1人の所有者である。最初の種子資本は、創業者が危険にさらされている株式に分割されますが、それに加えて子会社の責任もあります。

所有権の種類と管理の形態

5)合資会社。 このタイプの企業の所有者は普通株主と優先株主の両方の株主です。所有者は会社のシェアを1つしか持たない人でもあります。リスクは、特定の数の株式に対して支払われた価値の限度内でのみ実現されます。会社の破産の場合、その所有物は、所有者の順番で、所有する株式の数に応じて分割されます。

6)種を代表する人々の次の所有形態には、生産協同組合が存在する。これは市民の自発的な団体であり、メンバーシップ、そしてまず労働参加に基づいており、企業の活動開始のための資本としての最初の貢献が導入されています。このような生産協会は、ほとんどの場合、経済活動に従事している。

7)まったく別の問題は、州と州です。自治体単位の企業。これらは原則として、所有権を所有していない商業組織であり、所有者に所有物を付けることはありません。

土地所有の種類

土地は個人でも個人でも構わない。

私たちの国には、以下のような種類の土地所有権があります。

1)法人の私有財産を所有する権利。

2)個人の私的財産を所有する権利。

これに私は今、外国の財産権は絶対に独立した法律であると付け加えたいと思います。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加