/ /インターネット経由で税申告を提出する方法:方法

インターネット経由で税申告を提出する方法:

最近、より多くのサービスインターネット経由で提供されます。特に、税務申告を含む文書のインターネット経由での様々な政府サービスへの送信が普及しています。この手順にはどのような特徴がありますか?インターネット経由で税申告書を提出するにはどうすればいいですか?彼らは賛成を拒むことができますか?

インターネット経由で税申告書を提出する方法

宣言のリモートファイリングの主な長所と短所

税務申告の遠隔提出の利点は、欠点よりはるかに大きい。

主な欠点は、定期的な障害とその結果、報告書は連邦税務当局に間に合わない。しかし、宣言が締め切りに提出された場合、そのような状況はまれに発生します。小切手を出すためには、紙の運送業者が必要となるため、電子文書の流通への全面的な移行はすぐには起こりません。

このメソッドの利点は次のとおりです。

  • 時間を節約する(FTSを訪問する必要はない)。
  • サービスの登録の容易さ(将来的にサービスを受けるためにサイトに登録するだけで十分です)。
  • FTS内の情報を処理する際の少数のエラー(データがコピーされ、手動で入力されない)。

どんな種類のインターネットでも税申告書を提出することが可能であることに注意することが重要です。

何が必要ですか?

インターネット上で申告書を提出するための法人とIPには、次のものが必要です。

  • 法的実体またはEGRIPの統一国家登録簿から抽出する。
  • Rosstatの証明書に活動コードを記入してください。
  • 税務サービスおよび政府口座におけるIPまたは法人の設立に関する証明書。
  • INN;
  • パスポート;
  • 法人または起業家の登録を確認するその他の証券。

インターネットを介して個人に納税申告書を提出する方法は?これを行うには、パスポート、TINとSNILSが必要です。

オンラインで税申告書を提出する

インターネット経由で文書を送信するにはどうすればよいですか?

税務申告を提出する前にインターネットでは、連邦税務局の運営者との契約の予備的な結論が必要となり、その後電子的な書類の送付が行われる。このサービスの費用は、年間1.5万ルーブルから始まります。さらに、申請者の身元を特定するために必要な電子署名が必要です。現在の居住地(直接税務署またはMFC)で通信省の公認サービスの1つで発行されます。

インターネット経由で申告する方法:方法

物理的および法的実体は、インターネットを介して以下のように報告書を税務サービスに提出することができます。

  1. あなたの個人口座にあるFTSウェブサイトを通じて。
  2. 公共サービスのポータルで。

インターネット経由で宣言を提出する

FTSウェブサイト

ロシア連邦の現行の法律上の規範によると、すべての法人は、連邦税務局のサイトに登録されていなければなりません。つまり、監督当局が必要とする情報が保存されている個人のオフィスが必要です。次の方法でアカウントにログインしてください:

  1. あらかじめ設計されたデジタル署名の助けを借りて。
  2. 納税者の名前と登録カードのコード(税務署によって実行される)を入力します。

個人は、連邦税務局のサイトに登録することができます。これを行うには、名前、納税者番号、SNILSを入力する必要があります。

インターネットで税申告書を提出する方法税務検査の現場で?これを行うには、宣言とレポートの操作に関するセクションに移動する必要があります。宣言は、定型書式のテンプレートに従って記入されます。ドキュメントのすべてのフィールドを入力したら、それを送信できます。あなたのアカウントの文書の机上監査を行った後、対応する通知が表示されます。

税申告書をオンラインで送る方法

公共サービスのポータル

いかなる種類の宣言の提出も可能です。"Gosuslugi.ru"を通じて行われた。このサービスを利用するには、このサイトに登録してユーザー名とパスワードを作成する必要があります。次に、 "Taxpayer"というソフトウェアをダウンロードしてインストールする必要があります。このソフトウェアには、次のようないくつかの重要な利点があります。

  • さまざまな文書を電子形式で作成する可能性
  • 申告書の自動提出
  • 以前に作成され完成した文書を保存する。

このプログラムを通じてインターネット経由で確定申告書を送るにはどうすればいいですか?ソフトウェアをインストールした後、申請者は定期的にアップデートのリリースを監視する必要があります。宣言を提出するためのアルゴリズムは次のとおりです。

  1. 宣言の必要な形式を選択し、すべての情報を入力します。完成した宣言はコンピュータに保存できます。
  2. 個々の起業家および法人は、申告書が送付されるFNMの支店コードを示します。
  3. 申請書を作成し、報告書を添付します。納税者は自分の番号を保持するか書き留める必要があります。
  4. 報告書の送付を実施します。その後、申請者はGosuslugi.ruのアカウントで申請の処理状況を追跡する必要があります。
  5. 申告の受領についてFTSから確認を受けた後、そのペーパーキャリアは、(法人および個人起業家の場合は)組織の印鑑と権限のある人の署名によって証明することができます。

その後、応募者は最初にしなければなりませんFTSとの約束をする。訪問の前に、あなたはあなたがすべての必要な印鑑とサインを持っていることを確認するべきです。後で申告の訂正や誤りに関して税務調査官に問題が起こらないように、納税者は期限の少なくとも1日前に文書を提出するように勧められます。

オンラインで損益計算書を提出する方法

文書の受け取りを拒否できますか?

インターネットで確定申告をするのはとても簡単ですが、承認に問題があるでしょうか。入場拒否報告書が拒否されるのは、次のような場合です。

  • 電子デジタル署名の欠如
  • 申告書の記入責任者に関する情報の欠如
  • 文書内のエラーの存在
  • 非認定サービスを通じた報告
  • 電子署名によって納税者を識別できないこと。

あなたの損益計算書をオンラインで提出する方法または税務署へのその他の報告書類はありますか。このサービスは、連邦税務サービスWebサイトおよびGosuslugi.ruポータルで入手できます。法人および個人は申告書を提出することができます。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加