/ /イースターの静物を描く方法

イースターの静物を描く方法

美しく明るいイースター休暇は、春の到来と共に、良さと普遍的な畏敬の念をもって。そのような日には特別なインスピレーションがあり、私は美しいものを作りたくて、他を喜ばせたい。イースターの静物画を描き、この休日のすべての聖餐と聖餐を表示して気分を伝えることができます。あなたはあなたの家族に画像を与えたり、それを使ってあなたの家を飾ることができます。

イースターの静物

静物を描く基本的なルール

まず、それ自体で定義する必要があります実際には静物を表しています。静物は、日常的な物のボリュームのあるイメージのイメージです。アーティストは、2次元平面上に3次元形状を描くことができるはずです。

このテクニックには独自の特徴があるため、イースターの静物画を描くときには、一定のルールを遵守する必要があります。

1)オブジェクトの形状を表現する最善の方法は、正しく配信された光を助けることです。

2)図面を転送するには、音色のみが必要です。それらを見るためには、自然を見ながら、彼らの一般化と合併に気づくべきです。

3)スミアは対象物の形状に当てはめるべきである。距離を置いてもっと頻繁に離れて仕事を見てください。

4)他のものを主な色に加え、被写体に存在する色合いを混ぜる。

まだ生きているイースター写真

非常に頻繁に、アーティストは写真からペイントしますまだ生きているイースター。写真、特に高品質は、もちろん、まだ静物の主なアイデアを伝えることができますが、主な線は自然からコピーするのがさらに優れています。

必要な資料

イースターの静物画は、水彩画、グアッシュ、鉛筆で描くことができます。クワシは非常に緻密で塗装塗料であり、ペースト状の用途に設計されています。

水彩画は紙の上に水っぽい層がありますほぼ透明です。この塗料は、いくつかの色を混合するために設計されていますあなたは予想された結果と自分のスキルに基づいてペイントを選ぶことができます。

ペイントに加えて、作業するには紙が必要ですA3またはA4(あなたが水彩で描く場合、紙は特殊な水彩画でなければなりません)、異なるサイズのブラシ、鉛筆柔らかさやB2、消しゴム、水。代わりに、通常の消しゴムのことが多いの輪郭の不規則性を修正するか、修正するアーティストを支援混練可能を、使用しています。

まだ生きているイースター。どのように描画するのですか?

あなたがペイントを始める前に、あなたはどのオブジェクトが自然として機能するかを正確に判断します。静かな生活は伝統と儀式を備えた素晴らしい休日の本質を伝えるべきです。したがって、最良の選択肢は、リボン、飾られた卵、柳の枝で包帯されたイースターケーキのイメージです。すべてのアイテムはタオルに置いてください。

まだ生きているイースターを描く方法

イースターの静物画を描くために、次の順序で従います:

1)鉛筆で始める必要がありますドローイング。これを行うには、シンプルな鉛筆を使ってケーキの上部に印を付けます。次に、彼が包帯したリボンを追加します。結節の下に小さな花を加えることができます。その後、ケーキが置かれているタオルと折り目を作ります。タオルで3つの卵を描く。ケーキの後ろに、葉や腎臓に散在している脊椎の小枝から花束を加えます。

2)次に、水彩で描画を開始します。塗料は、パレットを使用して水で希釈する必要があります。まず、ケーキを茶色で装飾し、左側を暗くします。次に、釉薬を濃くして粉末を塗ります。ピンクまたは赤の塗料がリボンを飾ります。

3)薄められた青色で、ケーキの周りの背景を暗くする。次に、タオルと卵を希望の色で飾り、各卵の底を暗くします。

4)柳の葉のそれぞれは希釈された緑の色で淡色表示され、紫色は各咲きの芽の基盤となる。

最後のステップは、各被写体から追加の影を適用することです。

ペンシルで静物を描く

休日のカードや子供のための学校の仕事のような簡単なスケッチをしたい場合は、イースターペンシルの静物画を描くことができます。

鉛筆でイースターの静物
まず、図面に正確に描かれるものを選択する必要があります。例えば、それは籐のプレート、イースターエッグ、チェリーの小枝でお祝いのイースターケーキにしましょう。

まず、ケーキをスケッチして平行線と上からの帽子。それから、砂糖の釉薬の流れを作ってから、ケーキの周りに円形の形でプレートの形を仕上げます。プレートの底を描くと、反対側にいくつかの卵を追加することができます。釉薬の上から、丸や棒の形で散水を仕上げます。私たちのプレートは織り込まれているので、籐製のものを模倣します。横に咲く桜の枝を描く。また、お祝いのフレーズを完成させ、結果として得られる図面を近くのものに提示することができます。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加