/ /開発ディレクター:職務内容

開発ディレクター:職務内容

どのようにプロのディレクター開発はその責任を果たし、主に企業の成功に左右されます。したがって、このポジションの候補者には高い需要があり、企業によって異なる可能性があります。

候補者のための要件:
開発ディレクター

  • 高等教育(法律または経済);
  • 3-5年のリーダーシップの分野での職務経験。
  • マーケティング、マイクロ・マクロ経済学、経営学、財政問題など、さまざまな分野の専門家を対象としています。
  • 企業の開発計画を策定する能力。

開発ディレクターは完全に経済モデリングや会社の現代的な管理システムの独自の方法、生産技術、管理、社会学、心理学の基礎に関するアイデアなどが含まれます。

開発ディレクター:職務内容

開発ディレクターの職務内容
このスペシャリストの職務には次のものが含まれます。会社全体のコンセプトの定義。開発ディレクターは、企業の目標を正当化し、効果的な計画と開発戦略を策定し、財政支援の可能性を分析する必要があります。監督者によるプロジェクトの承認後、従業員は計画の実施に必要なすべての書類を準備するとともに、プロジェクトに関わる同僚にイノベーションを知らせなければなりません。開発ディレクターの職務内容は、特定の任務を担当する担当者を任命し、計画の実施を調整することを意味します。また、予算の優先順位を設定し、関連するすべての商業および生産プロセスを評価する必要もあります。

開発プロジェクトごとに、パフォーマンス計算をコンパイルする必要があります。プロジェクトの各段階で、財務指標と経済指標が基礎となります。

受け取ったデータに基づいて、開発ディレクターは、企業を近代化し、新しいビジネスラインを習得するためのプロジェクトを準備する必要があります。

このスペシャリストの能力は、非標準的および危機的状況に対応するための方法の開発でもあります。

開発責任者の権利

職務内容開発ディレクター
従業員は、フル情報、を含む商業、会社のパフォーマンスについて。要求に応じて、彼は仕事に必要なすべての情報とすべての文書を入手することができます。経営陣は必要なすべての技術的手段を提供すべきである。

従業員は、企業の発展に関連した命令を発する権利と、自分の能力の範囲内にある文書を支持し署名する権利を有する。

開発ディレクターは、彼の仕事の質が決定される基準と彼の職務と権利を定める文書を知ることができます。

一般的に、このポジションを握っている人は会社によって異なります。いくつかの企業では、それぞれが自分の道筋を担当する複数の専門家を雇用しています。

  • マーケティングおよび販売;
  • 新しい領土と方向の開発、開発と研究、
  • 組織の発展と管理。
</ p>

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加