/ / "Word"の赤い線:どのように作業するのですか?

言葉の赤い線:それをどうやって使うのですか?

仕事を始めたばかりのユーザー"Microsoft Office Word"というプログラムでは、 "Word"に赤い線をインデントする方法について興味深い質問があります。テキストがきれいで読みやすいようにするには、書式を設定するか、パネル上にあるツールを使用する必要があります。テキストが大きすぎる場合は、必ず段落に分割する必要があります。原則として、各段落は赤い線で始める必要があります。より明確にするために、新しい段落の最初の単語は、段落自体に相対的な字下げを持たなければなりません。今日は、言葉の赤い線が何であるか、そしてこのプログラムでそれを実行する方法について話します。

どのように?

言葉の赤い線
プログラム "Word"の段落を作るのは非常に簡単ですが、これは単に「Enter」ボタンを押すだけで、上にテキストが書かれていることがわかります。もう一度インデントするにはもう一度このボタンを押してください。次に段落の間に空白があります。 "Word"の赤い線はいくつかのオプションの1つを使って実行することができますが、今日では2つの方法しか説明しません。

方法1

単語の赤い線のインデント
最初のオプションの下で、行う方法を検討する特別なツールバーにある定規付きの赤い線。まず、ルーラーがエディタに含まれていることを確認する必要があります。そうでなければ、それをオンにするだけです。ルーラーをオンにするには、[表示]タブに移動して、特別な「行」列を見つけてその前にチェックを入れます。右と左の両方の定規には、マーカーとスライダがあります。右側のスライダは、テキストからシートの右側までの距離を表します。必要に応じて、目的の位置に設定することができます。

«2010»

のスライダーを見てみましょう左の部分には、そこに3つしかありません。下のスライダは矩形の形でなければならず、左のインデントを作成するために使用できます。左端にテキストを配置するのはこのスライダーです。 「ワード2010」の赤い線は、ほぼ古いバージョンと新しいバージョンと同じに設定されているので、オプションは今のアプローチと、このバージョンのために駆動されます。左側に配置された上部スライダ(逆さま)頂点が下向きと三角形の形状を有し、このスライダは、最初の行をインデントするように設計されています。このスライダーでは、新しい段落に赤い線を挿入できます。この場合、各段落を作成すると、すでに赤い線が自動的に表示されます。今度は、定規の上にあるマーカーに注意してください。最初の行のインデントマーカーは、左のインデントマーカーの右に少し設定する必要があります。このケースでは、最初の行は左インデントの右側に約半分センチになることインデントを持っています。赤い線で上記のすべてのアクションを実行した後、「Wordが」自動的にインストールされ、必要な場合は、パディングを自分で調整することができます。

方法2

Word 2010の赤い線
第2の選択肢を次のように考えてみましょう。段落のある赤い線を作成します。このオプションは、テキストがすでに書き込まれているが、段落に赤い線がない場合に便利です。まず、すべてのテキストまたは書式設定する部分を選択します。次に、マウスの左ボタンをダブルクリックすると、「Paragraph」を選択する必要がある小さなメニューがあなたの目の前に現れます。 "Word"の赤い線は、他のオプションを使用して設定することもできますが、最もシンプルで速い方法があります。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加