/ /「ブラックウォーク」(タトゥー)はどのように見えますか?

「黒幕」はどのように見えるのですか(タトゥー)?

最近、入れ墨の芸術は盛んです。 質の高い作業を行っているマスターが増えています。スタイリッシュなデザインで個性を強調したい顧客の数が増えました。さまざまなスタイルを理解するのが難しく、自分のデザインの実装に最も適したものを選ぶのは難しいです。例えば、 "黒猫"(タトゥー)とは何ですか?

スタイルの説明

ブラックウォークタトゥー

元の英語を話すだけで十分ですロシア語でBlackworkという名前がついており、これが黒色の優位性であることは明らかです。確かに、これらの入れ墨のために、この絵の具だけが使用されます。大きなスポットがあるとも仮定されていますが、これはオプションの条件です。本質的に、「黒い紋」(入れ墨)は、画像を皮膚に適用する技術における現実主義とは完全に反対である。スタイルには厳しい制限はありません。図面は、体のどの部分に配置されていても、大きくても小さくてもかまいません。 「黒いウォーク」(入れ墨)、スケッチ、既製の作品を見ると、ラインが滑らかで厳しいものになっていることがわかります。

関連する指示

ブラックウォークは、その気分でエコーエスニックタトゥー、 "アートワーク"などの方向性があります。このスタイルと "黒と灰色"に共通する部分は多くありますが、それらの関係は論争の的な問題です。 「ブラックウォーク」(タトゥー)は、現代の黒いタトゥーとも呼ばれています。古典的な絵は伝統的なポリネシアのモチーフに似ています。そのシンプルさにもかかわらず、スタイルは最近非常に人気があります。レディタトゥーはスタイリッシュで興味深いものに見えます。明るい色がないと、プロットをもっと注意深く見ることができます。

興味深い事実

ブラックウォークの入れ墨スケッチ

皮膚の欠陥を隠す最も簡単な方法または退屈なタトゥーを切断するために - "ブラックウォーク"(入れ墨)を作る。 1つの色で描くことはまったく難しくはなく、自分の体を飾ることを望む多くの人が自分のスケッチを作成したタトゥーパーラーに来ます。このスタイルでデザインしたい場合は、イメージを絶対に持つことができます。つまり、創造性の空間は無制限です。写真の "Blackwark"(タトゥー) - スケッチに注意してください。ここでは、単純な四角や円から複雑な装飾まで、または細かくプロットされたプロットまでさまざまなものを見ることができます。 blackwallは1つの色を使用すると広く考えられています。実際には、影を作成することは可能です。技術的には、画像の同様の要素が主色をポイントワイズで処理されますが、一部のマスターは少し異なる色を追加します。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加