/ 少女のために/卑劣なファッションの女性を雨と風から守ります

少女のための隠しは、雨と風からファッションの小さな女性を守るだろう

主な懸念事項の1つである秋が始まるとそれぞれの女性は、彼女の世帯員の服装方法の問題の解決策になります。雨や風の強い天候、泥やスラッシュは、任意の母親を無関心残すことはありません。衣服を選んだ大人が自分で対処できれば、子供たちは助けを必要とします。これは、秋のワードローブの選択にも経験豊富なママのために困難な作業になり、新しい両親は、散歩にちょうど幼稚園、学校の中を歩いたりしながら、自分の子供だけでなく、寒さであることを確認する方法を知らない損失であることが多いことは注目に値します秋の寒さと雨の中、しかし美しいまま、同業他社よりもさらに悪い服を着ていない...人類の公正半分の若い代表を説得するのが特に困難珍しい服着る - であること、若い年齢にもかかわらず、女の子を彼らは非常に厄介です。ファッションの小さな女性風邪をひいたが、よく見て、自分自身に満足していないだけに最善の解決策の1つは、店舗で購入することができます女の子のためのマントですが、あなたは自分自身を縫うことができます。この製品は、スタイルの外に出る - その喜びは、子供と大人の両方です。スタイリッシュでファッショナブルなアクセサリーを維持しながら女の子のためのレインコートは、風や雨から保護します。

そして今、少し話が深まった。 すべての人類を理解するための網は外側の衣服であり、その袖は防水素材でできています。人類は多くの種類のレインコートを作りました。それぞれのレインコートは、意図した目的を成功裏に達成しています。たとえば、ゴム引き布から縫いつけられたマントはマッキントッシュと呼ばれ、他のアウターウェアは冷たいシャワーから保護しませんでした。レインコートの創作の歴史を考えると、最初は袖なしの広いスイング服だったことは明らかです。今日は、このレインコートの意味が使われています。私たちは少なくとも軍服のテントを思い出しましょう。ところで、その外套は普通の人が着用することを決して意味しませんでした。例えば、古代ビザンティウムでは、テーブルと呼ばれる特別な細工が、レインコートの所有者の高貴な起源を反映した外套に作られました。

今日、店では女の子用のレインコートが贈られます広い範囲です。ここでは、任意の色、さまざまな形やスタイルのコートを選ぶことができます - この贈り物はどんな小さなファッショニスタにアピールする、と彼女の母親は冷静を与えるだろう - 子供が濡れたことがないと秋の天候で凍結しません。あなたが満たされていない店舗で選択した場合、あなたは女の子自身のためにマントを縫うことができます。何の問題もなくパターンのマントは、インターネット上で見つけることができます。ロングコート、色、装飾、だけでなく、マントが作られる材料 - - このアプローチでは、空想の広い飛行をクリアすることが可能となるすべてのものは、母と娘の正確なニーズや要望です。

以下では、最もシンプルにする方法を見ていきます外衣 - レインコート。レインコートのレインコートは、適時にあなたの財布に入れれば、雨と風を救うことができます。このような流行のマントの製造にはわずか5分しかかからず、製造材料として通常のポリエチレンが使用される。レインコートを縫うには、2メートルのポリエチレンが必要です。最初に、ポリエチレン上に180×150cmの長方形が描かれた簡単なパターンが作成されます。この四角形を4回折り曲げて折り畳む必要があります。その後、その上に着物が描かれます。次に、丸い線に沿って2つのポイントを接続し、次に袖と首を切り取る必要があります。その後、棚は半分に切断されます。サイドの縫い目はステッチングされ、斜めのベーキングの助けを借りて強化されます。

フードの製造のためには、2つを切る必要があります2つのコーナーが切り取られ、フードが斜めのインレイで縫い付けられる。フードを縫うには、それを首に付けなければなりません。最後のステップはプラスチック留め金を縫うことです。今、あなたはレインコートを試着することができます!

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加