/ /タトゥー "グラディエーター":特徴、意味

剣闘士のタトゥー:機能、意味

今日、芸術的な入れ墨はアートで一歩。本物のマスターの作品は、現実感、美しさ、正確さに驚きます。抽象的なカールは、はるかに複雑な科目への道を与え、バックグラウンドにフェードアウトします。たとえば、タトゥーの非常に一般的で一般的なテーマである剣闘士。強さ、勇気、自由に対する欲求 - このような意味は、原則としてこの計画に投資されます。より多くのタトゥー機能を検討してください。

タトゥーグラディエーター

入れ墨のテーマとしての歴史

かつて、闘牛場は闘技場で戦っていた興奮した群衆の喜び。彼らの権利と個人の自由を奪われたこれらの戦闘員は、勝利するか尊厳を持って死ぬかという目標を達成するために、生と死のために戦った。タトゥー "グラディエーター"は、原則として、勝利の願いを強調しようとする人によって選ばれます。それは人生そのものにとってさえ同情ではありません。

そのような入れ墨は歴史への賛辞です。 彼女は英雄的な戦い、勇気、勇気の時代に耐えそうです。入れ墨の芸術家の作品から、古代ローマとギリシャの謎めいた英雄がよく見かける。

新しいファッショントレンド - キャラクターイメージ有名なハリウッド映画は、古代アリーナのヒーローを撮影しました。入れ墨 "剣闘士"には、トロイからブラッド・ピットによって具現化されたマキシムスまたはアキレスの形でラッセル・クロウを見つけることができます。

スタイル

ほとんどの場合、あなたは同様の入れ墨を見ることができます現実的なスタイル。時にはこのストーリーラインは、スラッシュ・ポルカ、トライバル、オリエンタル、ホラー、シカノのスタイルで作業するマスターによって使用されることがあります。アイデアは他の、あまり一般的でない方向に浸透します。

ポートレートタトゥー

多くの場合、戦闘機のイメージを見ることができます。 光り輝く装甲、武器、血液漏れは、リアリズムをもたらし、周囲を創り出します。同じように重要なのは、剣闘士が捕らえられた姿勢です。彼女は欲望と衝動の両方、そして疲労、失望、希望の喪失の両方を表現することができます。

タトゥーグラディエーター

アリーナ

入れ墨のためのあまり人気のないプロット - 剣闘士のスクラム時間。時にはそれは戦闘機のカップルになることができます。そしてある場合には、男性と戦っている憤慨したライオンを考えることが可能です。歴史的には、これは正当化されている。なぜなら、捕食動物はしばしば剣闘士に対して襲われるからだ。

胸の刺青グラディエーター

同じカテゴリの入れ墨には、古代のヘルラの様式に起因する装甲と装甲がある。全身が塗装された鎧の中で拘束されているときはほとんどありません。ほとんどの場合、これらは断片です:肩、チェーンメールの一部、胸の殻。

入れ墨はどういう意味ですか?

ボディローカリゼーション

現実的な入れ墨に対応するために、剣闘士の顔や姿を描写すると、体の上に変形のない場所を選ぶ方が良いです。ほとんどの場合、胸や腕、肩、腰、背中、背中にタトゥー「剣闘士」が見えます。広い領域では、画像の構成を巧みに編成し、細部を注意深く調整することができます。

対象読者

私たちの年齢では、性別の境界は薄いですが、タトゥー "グラディエーター"は伝統的に男性的なままでした。女性のためにプロットはあまりにも積極的です。公正なセックスの中にもこの話題のファンがいるが、女性のイメージにはより多くのものがある。女性剣闘士のイメージはあまり明るくないし、ファンタジーのスタイルにも関連していません。それらの多くはアマゾンに似ています。

反対側

犯罪者の類似の入れ墨の独特の解釈世界。厳密なグラデーションが観察された膨大な数のzonovskihタトゥーの中で、各画像には独自の値があります。厳しい運命を守っている堅固な当局は、しばしばぬいぐるみの剣士で飾る。そのようなトリックの一定の属性は、血を流すことです。

意味

日常生活の中で剣闘士との入れ墨はどういう意味ですか? 原則として、それは精神の強さ、自由への欲求、勝利への信念、自分自身とその家族のために立ち上がる意欲です。また、このような入れ墨が所有者の積極的な処分を直接示す場合もありますが、このプロットを選択する人の多くは、古代世界の歴史と武道に対する情熱へのコミットメントを示しています。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加