/ /ドレスの下での女性の組み合わせ:歴史と近代

ドレスの下での女性の組み合わせ:歴史と近代

それは長い間知られてきました。時間間隔が繰り返される。彼らは服装のスタイルを正確にコピーするわけではありませんが、一般的に似ています。これは、アウターウェアとアンダーウェアの両方に適用されます。ここ数十年の間に多くの変化を受けたドレスの下での女性の組み合わせも例外ではありません。

コンビネーションとは

組み合わせは一種の関連性です2つの要素、すなわちズボンとシャツ。彼女の女性は上衣の下に下着の上に置かれます。例えば、スカートを着たドレスやスーツの下に。一般的に、ドレスの下の女性の組み合わせは、人物の尊厳を強調し、欠陥を隠すように設計されています。彼らはまた、ドレスをより収益的に見えるようにするのに役立ちます。ファッションの専門家によると、一度に組み合わせがコルセットを置き換え、女性によって積極的に受け入れられました。彼女は動きを拘束しなかったし、コルセットの場合と同様に彼女の肋骨を圧迫しなかった。

ドレスの下で女性の組み合わせ

発生の履歴

修道士の下着はロシアで縫製されました。テサリズムの時代その後、革命が起こったとき、私たちは引き続きリネンを作り、品質と明るい色を維持しようとしました。しかし、20世紀の20世紀にはすべてが変化しました。公正なセックスの権利をすべて平等にするために、彼らはすべてのソビエトの女性のために手頃な価格の衣服を作り始めました。店舗や市場では、慎重なコンビネーションだけを手に入れることができました。そのコンビネーションは、汚れを取り除くために沸騰することさえありました。大手職員の妻だけが、外国のカタログから美しいシルクの下着を注文する機会を得ました。

戦後、ソ連は徐々に始まり自然な絹で作られたドレスの下に女性の組み合わせをもたらすこと。ソビエトの女性たちは、まず彼らを普通のお祝いの服とみなし、映画館やコンサートへの旅に出た。

しばらくすると、つまり50年代に先世紀、政府は下着の製造において新しい基準を導入しました。だから、ソビエトの女性のワードローブでは、シルクの組み合わせが現れます。数十年後、合成物(例えば、ビスコース、ナイロンなど)を加えた布地の組み合わせの放出。

下着

当時のファッショントレンドは、女性組合では、身体を透明なドレスで暴露しないように、必ず組み合わせて着用してください。後者は、上のドレスよりも幾分短くなければならないので、縁がはみ出ないようにしなければならず、それは社会で非常に卑劣であると考えられていた。

1990年代になると、徐々に女性の組み合わせは、通常の日常的なものからエロチックな性質の服に変換されます。

現在の傾向

今日まで、市場の下着このような多様性に代表されるように、組み合わせはもはや唯一可能な選択肢ではなくなった。しかし、いくつかのタイプの類似のシャツがあり、それぞれ異なる機会に提供されています。寝ること、家庭で使うこと、ドレスの下に置くことです。

最初の選択肢は通常、最も簡単です。なぜなら、睡眠のために、彼らは最低限の装飾で目立たないシャツを縫うためです。通常、そのような組み合わせは天然材料から作られる。

女性のサイズの組み合わせ

家庭用品、特にその組み合わせは、スタイリッシュで魅力的に見えます。ここ数年、女性の衣料品メーカーは家庭用品に注意を払い、少しの魅力を加えることに決めました。今、簡単な家庭の組み合わせで、女性は彼女の魅力を失うことなく家事をすることができます。

ドレス下の特別なシャツは、現在、女性の大規模な組み合わせと、小型の女性のための組み合わせとして利用可能です。最もユニークなイメージを作成するためのさまざまなスタイルがすでに用意されています。レースで飾られた短く長いレングスのコンビネーションカラーのインサートは、女性一人ひとりがフェミニンでセクシーになることを可能にします。

シルクの組み合わせ

組み合わせの材料

縫製時に使用される材料ドレスの下での組み合わせ?これは、主に天然または人工の絹であり、合成織物でもあります。シルクはもちろん、耐久性、強さ、利便性、軽さなどの性質を持っているため、女性の間でより人気があります。絹の衣服が体に心地よく、アレルギー反応を起こさないことは秘密ではありません。より明るい効果のために、絹の美しさはレース、絶妙な刺繍またはプリントで強調されます。それはすべて、そのような服の所有者の好みと、彼女が追求する目的に依存します。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加