/ /瑪瑙の炎の石:説明とプロパティ

石の火の瑪瑙:説明とプロパティ

貴重な、半貴石およびミネラル何千年もの間、支持された男。それぞれの石は、癒しと魔法の性質を持っています。体の再生過程を助け、癒し、注意を集中させ、結婚関係を強化します。これは、魔法石の有用な特性の全リストではありません。したがって、それぞれの石は有益な特性を持っていると自信を持って語ることができます。特に重要なのは、占星術と十二支のサインによる石の正しい選択です。

火の石

占星術、十二宮と石の兆候

古代から、星は遊ぶことが知られているすべての人の人生における重要な役割です。天国のメッセージを正しく解読するためには、人々は集中的に占星術を勉強しなければなりませんでした。天体科学の基礎は、天井の金庫を分ける12の部分です。各人の生活の道を決める十二宮の看板 - 天国の金庫の12の部分です。

時々、占星術師は、ある種の石や鉱物は、どんな兆候の可能性を高め、明らかにすることができます。しかし、どんな石でも、十二支の兆候のためだけにその能力を完全に明らかにすることができます。ジュエリーがこの原則に従って選択されると、ジュエリーはその所有者の真の味方になります。

古代では、同様の知識非常に裕福な人だけです。多くは占星術師にこのような状況に対処する方法、成功を達成する方法、愛を見つけてお守りを選ぶ方法などのアドバイスを求めました。占星術師は、十二支と兆候の徴候に従ってのみお守りを選んだ。彼らは、すべての人々が違っていて、それぞれがそれぞれの魔法を持っているという事実によってこれを説明しました。

特に重要なのは、古代の歴史と強力な魔法の性質を持つ石でした。たとえば、蟹座、牡牛座、双子葉に理想的な瑪瑙。

瑪瑙の種類と性質

瑪瑙は6000年前に人によって発見されたシチリア川のAkhatesのためにその名前があります。瑪瑙は古代ローマ、ギリシャ、エジプト、インド、ペルシャで最も人気のある鉱物で、飾り物、家庭用品、バイアルの入れ墨、お土産、フィギュア、棺などに使われていました。

火の宝石

この石は他の人と区別しやすいです、ありがとうその着色。瑪瑙の帯には明確な境界があり、異なる色合いにすることができます。ピンク、石火、青、灰色 - これらはすべて瑪瑙の品種です。それらのすべてが所有者を危険と敵から守っています。青い瑪瑙は落ち着いた輝きの石、灰色の瑪瑙 - 魂の平和を与えます。ヨーロッパ人は、この石を長寿と繁栄の象徴と考えています。この強力な魔法は自信を与え、正しい決定を下すのに役立ちます。

瑪瑙:火の石

赤い(火)瑪瑙は、美しい種類の瑪瑙。色は赤から茶色に変わります。石の火の瑪瑙は鉄の不純物とかなり積極的なミネラルです。このミネラルは、循環系に有益な効果をもたらし、ヒト内分泌系の働きを正常化させます。

石の火の瑪瑙

地球と火は、老人をひいきにして、オーナーが自分の感情を隠すのを助けます。激しい宝石は、邪悪な目や呪いから身を守り、エネルギーを惜しみなく与え、自信を与えることができます。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加