/ /研究の対象となるマネジメントシステム

研究対象としての制御システム

勉強の対象となるマネジメントシステムグループに細分化されています。彼らは組織自体の構造と直接関係しています。組織が複雑になればなるほど、システムはより複雑になります。これに従って、単純なシステムが区別され、その挙動は完全に予測可能であり、そのようなシステム内のリンクの数は異なる可能性がある。複雑なシステムは社外の情報を認識し、それに一定の方法で反応します。行動は予測できる。インテリジェンスを持つあまりにも複雑なシステムでは、膨大な数の選択肢のために行動が予測できません。

各組織には特定のシステムがあります。勉強の対象としての管理。特定の管理システムの研究は、特定の科学的概念に基づいてのみ行われます。研究対象の制御システムは、特定の制御対象に関連する特定の特性を研究する手段として使用されることに留意されたい。それは、研究対象の個人的な特性やシステムとしての組織全体の機能を深く理解するのに役立ちます。

組織の研究対象となる管理システムは、最良の最終結果を得るために情報を収集、処理、分析するために形成された複雑なシステムです。

同時に、オブジェクトをシステムとして提示するシステムには多くの定義があり、実際の管理システムの形成に完全に使用される単一の言葉遣いを選択する必要があるため、難しいです。

このように、対象となる制御システム研究はいくつかの徴候によって特徴づけることができる。階層的に配置された少なくとも2つの要素から構成され、システムの要素は直接リンクとフィードバックリンクのために相互接続されています。このシステムは、外部環境との固定接続を備えた、不可分の統合された全体である。

研究プロセスはすべての分野に適用されます組織活動。組織の長所と短所、マーケティングと生産のプロセス、マーケティングサービス、財務状況、人材、文化について検討する必要があります。

管理システム研究の分類はこれに基づいています。

管理調査 - 使用された方法組織内の問題を診断します。この方法は、組織のさまざまな機能領域(マーケティング、財務、生産、人事、組織文化、組織のイメージ、つまり内部環境向け)に適用可能な統合アプローチに基づいています。

しかし、研究システムの分類管理は会社の環境要因の分析にまで及びます。これにより、脅威に対するタイムリーな対応が保証され、企業が目標を達成し、潜在的な脅威を機会に変えることを可能にする計画と戦略を開発することができます。

研究管理システムの分類は非常に多面的であり、組織の活動の種類と研究の結果として達成されるべき目標に依存します。

システム研究のための経験的方法管理には、これらの方法、技法、認知活動の方法、知識の統合と形成のすべてが含まれます。これは、実践の内容またはその結果です。

システム研究のための経験的方法L.A.Mikeshinaによれば、管理は、実験的対象の研究および分離の方法、例えば観察、実験、測定、ならびに取得した経験的知識の体系化および処理の方法を含むサブグループに分けることができる。科学的知識、事実

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加