/ /音声のコミュニケーションの質

スピーチのコミュニケーションの質

スピーチのコミュニケーションの質はその正式なコンテンツ面の真の特性。特性の中には、精度、純度、正確さ、一貫性、表現力が区別されます。スピーチの主な特質には、便宜と富が含まれます。

これらの特徴はすべて、異なる言語構造の相関に基づいて明らかにされます。

したがって、例えば、豊かな発話は言語と音声の関係に基づいています。この特性(富)は、会話の意図を実現するために必要な程度で、さまざまな非繰り返し言語的手段による可能な限り最大の飽和で表現される。

字句的な富が願望を現す特別なコミュニケーションの意図を持たない単語を可能な限り少なく使用する。これは、作家または話し手が大量の単語を持っている場合に達成されます。

字句的な富は、反省的で有益なメッセージの豊かさです。

「コミュニケーション的な音声品質」の概念には、一貫性のような特性もある。この特性は、テキストと発声の両方の構文的構成に関連している。発話の論理性は、発話と思考との関係に基づいて形成される。この特性を評価することは、言葉をつなぐ過程で出現する全体を見て聞くことが重要です。この場合、この全体の評価は、1つのステートメントだけでなく、テキスト全体で実行されます。意味論的不一致が存在しない場合には、テキスト全体の論理性が存在する。

大規模な別のプロパティ意味は正しい。これは、言語と言語の比率に基づいて形成されます。この特性は、ストレス、発音、語彙、語の形成、形態学、文体および構文の規範に対する言語構造の対応を反映する。

音声のコミュニケーション能力には現実との音声関係に基づいて生じる精度などの概念。コミュニケーションの正確さは概念的でも実体的でもあります。最初のケースでは、話し手のテキストに存在する概念(概念)の存在について話しています。オブジェクトの正確さは、会話中の現実のオブジェクトの指定に発生します。

音声のコミュニケーション上の特質関連性のような特性の存在。このプロパティは、通信の条件と目標を満たすメッセージを作成する場合に必要です。音声の関連性は、音声と通信条件の比に基づいています。この特性(関連性)は、感情的および論理的内容、メッセージの主題、読者または聴取者の構成、書面または口頭によるプレゼンテーションの審美的、教育的、情報的およびその他の作業に対応する妥当性は、個人心理学的、状況的、文脈的および文体的に分けられる。

音声のコミュニケーション上の特質には、便宜的な特徴。この概念は、メッセージの受信者、状況、および主題の特性を考慮して、メッセージの発言者の意図が実現される状況との関係を意味する。

純粋さのようなスピーチの質は、言語と言語の比率に基づいています。特性は、言語、フレーズ、および単語に対して外来的な文学的要素を持たないテキストに適用されます。手段によって、スピーチの純度に違反することができるのは、野蛮人、弁証主義者、下品主義者、専門用語、誓い、および言葉に帰すべきです。このリストには寄生虫という言葉も含まれています。独立して、これらのツール(寄生虫の言葉)は何の判断もしませんが、頻繁で侵入的な繰り返しは、通信タスクの実行とは無関係です。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加