/ 副詞の/ハイフンで書かれた文:規則、例

副詞のハイフネイのスペル:規則、例

副詞のつづりはつづりのセクションです。この品詞を書く際に正しく使用することが困難になることがよくあります。副詞のハイフン表記は、この記事のトピックです。

副詞のハイフン付き表記

byの接頭辞

一般的なつづりの誤りは - 形容詞または代名詞から形成され、彼に、彼に、eiに、kiに終端を持つ副詞の別々の書き方。ロシア語のように、別の言い方をすれば、小学生が間違いを犯すことはめったにありませんが、他の場合では大人でさえ困難を感じます。

副詞のハイフン付きの綴りは、接頭辞 "to"がある場合に適しています。例:

  1. あなたは思いますか、あなたがすることすべてが批判されるべきではありませんか?
  2. 良い方法でアレクサンダー・クプリンの作品に関するこのエッセイは完全に書き直されなければなりません。
  3. 彼女は彼を抱きしめた 友達として彼は好きではなかった
  4. フランス語で この貴族の家ではメイドさんも話しました。
  5. 少女は猫のように見えた:歩いた 猫っぽいその動きは柔らかさと信じられないほどの可塑性によって区別されました。
  6. それでも 彼は明け方に家に戻り、妻の質問には全員答えないことを望んだ。
  7. 少女は将来の義母のアパートに入った ビジネス的な方法で 周りを見回した。
  8. 彼女は1年に3回プールを訪れましたが、泳ぐことだけを学びました 犬のように

そのような場合を、小さい、長い、小さい、大きいなどの単語と混同しないようにすることが重要です。

副詞のハイフンのつづりの例

所有代名詞

我々はまた、その例を言及する必要があります原則として芸術作品に見られる。副詞のハイフン付きスペルは、品詞が所有代名詞から形成されている場合に使用されます。例:

  1. その詩人は散文作家Dovlatovの作品を非常に好んでいました、そしてそれゆえ「それは聞こえます」 本格的に"
  2. 彼女はすべてのことで妹を真似た。彼女は母親とさえ口論した。 あちこちに

複雑な形容詞

副詞のハイフン表記も発生しますこれらの品詞が接頭辞「in」を持ち、2つの基底から形成されている場合。しかし、これは、そのような言葉に2つのスペルマークを付ける必要があることを意味するのではありません。社会民主党という言葉はハイフンで書かれています。この名詞と接頭辞 "in"から派生した副詞には、つづりの記号が1つだけあります。例:

  1. 彼らは会議を開きました、それは彼らに思われました、 社会民主的な方法でだからこそ、彼らは社会主義のスローガンを叫び、労働運動の問題について大声で論じた。
  2. 彼の父親と祖父は、任命されていない役員でした。彼もこのランクでした。そしてそれ故にいつも振る舞った teritつまり、彼はたくさんのカードを使い、キャバレーの歌手たちと興味をそそった。

ハイフン付き副詞テーブル

接頭辞 "in"

副詞のハイフン表記、その例上記はシングルサインの使用を意味します。しかし、いくつかの助詞と2つ以上のハイフンからなる副詞があります。例えば、25、134です。

もっとシンプルなデザインは誰にでも知られています。副詞のハイフン付きスペル(スペルの規則は7年生のプログラムに含まれています)は、プレフィックス "in"が存在する場合は常に使用されます。例:

  1. まず学生は試験に遅れた。
  2. 第二に学期の間、彼は単一のセミナーに出席しなかった。
  3. 三番目彼はまた試験に失敗した。

"that"を付ける

副詞のハイフンで囲まれた綴り(規則と例を以下に示します)は、なんらかの理由で1回、どういうわけか、どこかに、どこかに、というような言葉に適しています。例:

  1. どういうわけか 彼が今日去ったなら、彼は彼女を永遠に失うだろうと彼には思えた。
  2. どこかに 銃は遠くに雷鳴し、砲弾は爆発した。
  3. どういうわけか 彼は激怒して家に帰り、何年もの間休まなかったことすべてを彼女に話しました。
  4. 彼らは家の中で起こっていたことすべてを公衆から隠すために全力を尽くしたが、 どこかから 情報は、あらゆる努力にもかかわらず、依然として漏洩しています。

副詞ルールのハイフン付きスペル

どちらかを付ける

副詞も、どこかからハイフンで書かれています。例:

  1. Vasilievは最も才能のある学生です 今まで 彼女がいた
  2. たぶん だれでも そしてこの役割を果たすでしょう、しかし監督はそのタイプの俳優を必要としました。

副詞テーブルの連続したハイフン付きの書き込み

その他のケース

接尾辞「some」、「something」が付いた副詞は、一緒にも別々にも書かれていません。そのような品詞を書くことはハイフンを付けることができるだけです。例:

  1. いつか あなたはこれらの言葉を覚えているでしょう。
  2. 彼女はエッセイを書いた どういうわけか

ハイフンも繰り返しによって形成された単語を書く。例:

  1. 彼は正確に彼女の部屋の夜の光がその夜燃えていたことを思い出した。 かろうじて
  2. 彼の新しい本には少しお世辞がありました、 ほんの少し うそ、そしてNemerの病理。
  3. その少年は甘やかされて育ち、日常生活に全く慣れていなかった。そして7歳の時に彼は靴ひもを結ぶことができなかった。 横に
  4. 母親 きつい 彼女はコートの上に厚い羊毛のスカーフを結び、それを外に送りました。
  5. 少しずつ 彼はドイツ語で簡単でわかりやすいフレーズを書くことを学びました。
  6. 意外に サラトフの深い村から彼の最愛の叔母が訪ねてきました。
  7. これらの失礼で不公正な言葉を聞いて、彼の父親は彼に外出するように勧めました 頑張ります
  8. C カレイ そのような重大な決定は下されていません。
  9. 数学の授業では、彼はそれ以来座っています 静かなミルラ先生の質問について、そして時には答えさえしました。
  10. 少なくとも 彼らはこの作業を3つで完了することができました。

この記事は、トピック「副詞のフュージョンとハイフンで書かれた書き方」の規則と説明を述べています。以下の表には、より圧縮された形式の情報が含まれています。

ハイフン付きスリットノ別々に
接頭辞付きの副詞形容詞から形成される副詞名詞と前置詞から形成される副詞
接頭辞v-を持つ副詞複雑な副詞
粉砕によって形成される副詞場所の副詞
接尾辞付きの副詞、または誰でも

ひとり親の言葉から派生した副詞

一番上は技術用語からの言葉です。この副詞は常にハイフンで書かれています。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加