/ /インタラクションとは、相互作用やコミュニケーションの過程において、お互いが相互に影響を及ぼすことです

インタラクションとは、相互作用やコミュニケーションの過程で相互に影響を及ぼす相互作用のことです

社会心理学とは、人間活動の複雑な過程やパターン、社会現実の状況における個人の行動を研究する科学です。彼女は探検とコミュニケーションを含む。

相互作用は
この多面的な社会心理学この現象は、科学者によって、被験者または人々のグループの間の接触の形成およびその後の進展のプロセスとみなされている。コミュニケーションの過程で、感情評価的および認知的な性質の情報の交換が行われている。コミュニケーションがなければ社会的相互作用は不可能です。その過程で、個人や社会専門家を含む関係の確立と維持が行われます。心理学者はコミュニケーションを、通信、相互作用、知覚の3つの主要な要素を含む複雑な現象として考えています。この記事では、これらの構造的側面の定義の本質を示します。

相互作用は、コミュニケーションの主体の相互作用および相互作用である。社会心理学における用語の考察

コミュニケーションの過程では、常に3つのメインが含まれています要素:相互作用、コミュニケーション、知覚。相互作用とは何ですか?これは、社会的相互作用のプロセスにおいて、個人またはそのグループが相互に影響を及ぼすことです。 「相互作用」という用語は、英語の「相互作用」から導かれます。これは、2つのラテン語の形態素「inter」と「activus」に由来します。それらは「アクティブ」として翻訳されます。

この用語は社会心理学者によって使用され、G.M. Andreeva、B.F. Lomov、B.G. Ananyev、およびその他の人々が、コミュニケーションの過程における行動の交換を記述している。彼らは、相互作用は、共同計画の調整、統一された戦略の構築、およびその後の相互作用におけるすべての参加者の活動寄与の分析であると言います。コミュニケーションの過程では、経験、知識、アイデアの交換があります。パートナーは、相互理解を達成し、共同活動の開発と組織化を試みます。これは、社会的相互作用が現れる最善の方法です。

社会的相互作用

生産的な共同活動の実施にはどのような条件が必要ですか?

インタラクティブ機能の最も重要な機能コミュニケーションの側面は、個人が他の人の役割を「奪い取る」能力であり、相手がコミュニケーションを取っていると感じる方法を感じることです。インタラクション - 必要な条件を作成せずにインプリメンテーションが不可能になる対象の相互作用。

  • パートナーのポジションの調整(エクステンションは「同等の条件」、「下」、「下」など)。
  • 共同活動が行われている状況の共通理解。
  • 適切な対話形式(競争、協力、紛争)。

人々の相互作用は、(パートナーはコミュニケーションに関心があり、共通の目標を達成するために積極的にお互いを助けます)、競争と競争に基づいています(個人は、個人的な目標を達成するために干渉し、干渉し、相反する)。多くの場合、対立は紛争につながります。多方向の立場とコミュニケーションの主体の利益の衝突です。

社会心理学におけるコミュニケーションの概念

相互作用の相互作用
インタラクションに加えて、コミュニケーションの最も重要な側面知覚とコミュニケーション後者は、個人の相互作用の意味論的側面であり、あらゆる言葉と非言語の記号と記号の交換を含む。 「コミュニケーション」という用語は、「共通する」と解釈されるラテン語の「コミュニコ」に由来します。これは、パートナー間の情報交換を保証するコミュニケーション活動のプロセスを指します。コミュニケーションには次のようなものがあります。

  • 対人関係 - メッセージングとその後のコミュニケーションパートナーによる解釈。
  • 重要な情報が幅広い聴衆に利用可能になるような、メディアやその他の手段による情報の大量配布。
  • 公衆 - 口頭で話すことによって聴衆に情報を提供する。
  • 実在の看板(知的製品、芸術の対象物を通したコミュニケーション)。
  • スピーチ(スピーチと思考活動、外部と内部のスピーチを含む)。
  • (非言語チャネルを通した情報の伝達 - ジェスチャー、表情、イントネーションなど)。

コミュニケーションの知覚側

コミュニケーションの相互作用の認識
知覚は意味論的精神として理解されるそのイメージの形成、それに対する態度の反映、相手の理解を含む対話における相手の知覚の過程。一般的な意味では、知覚は、自己知識にも基づいて、特別な人間の知覚として理解することができます。主な知覚メカニズムは識別と反映である。

身分証明書は官能的な自分の精神的な比較、コミュニケーション相手の内面とのあなたの自我。反射は自己知識のプロセスとして理解され、自己報告、行動の自己分析、自己制御も含まれます。社会的認知は、コミュニケーションの対象、小規模および大規模な社会集団、および一般的に社会的事象の行動を知覚し、評価し、理解するための重要なプロセスおよびメカニズムである。知覚スキルは、相手の非言語的および言語的反応におけるパートナーの気分を理解し、会議のコンテキストを認識し、コミュニケーション状況を正しく分析することを可能にする。

結論の代わりに

そこで、この記事では、3つのメインコミュニケーションのプロセスを形作る側面。我々は、コミュニケーション、相互作用、知覚が共同活動における個人間の相互作用プロセスの3つの重要な要素であることを学びました。インタラクティブな側面は、コミュニケーションのプロセスにおけるパートナーの相互作用を規制し、すべての個人に共通の目標を持つ共同行動の組織化を含む。相互作用は、コミュニケーションなしでは不可能なコミュニケーションの側面です。重要な情報の交換は、さまざまな方法や異なるチャネルを通じて行われます。また、知覚がなくても - 相手とのコミュニケーションの相手を知覚し理解する精神的能力。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加