/ /錠剤 - 何をする?可能性のある原因とその除去方法

タブレットは凍結されています - どうすればいいですか?可能性のある原因とその除去方法

タブレットコンピュータまたはタブレットは非常にパフォーマンスと機能面でラップトップと競合する新世代の人気デバイスです。このガジェットにはいくつかの利点があります:

  • タブレットがハングする理由
    コンパクトさ
    。その小さなサイズのために、それはから取ることができます
    どこでもあなた自身。
  • 多数の機能。それは、電話、電子書籍として使用することができますまた、様々なテキストを編集し、写真で作業し、ゲームをプレイ。

タブレットは、どのコンピュータと同様、残念ながら、故障の影響を受けないが、オペレーティングシステム、。悲しいことですが、これは避けられません。遅かれ早かれ、すべてのユーザーは、タブレットがハングアップして含まれていない状況、に入りました。だからすべての理由を見てみましょう。なぜタブレットは凍結されていますか?それを正常に戻すために私は何ができますか?あなたは今、これと他の多くのことについて知るでしょう。

錠剤は凍結する。何をすべきか

状況を想像してみましょう: それがクラッシュしたときには、(インターネットを使用し、音楽を聴いたり、演奏)タブレットに取り組んでいました。コンピュータ/ラップトップを使用すると、すべてがクリアされ、必要なだけのこの不快な症状を取り除くために、特定のキーの組み合わせを押すことがあります。しかし、あなたのガジェットをどうすればいいですか?そこにキーボードはありません!とりわけ、パニックに陥らないでください!まず、オン/オフキーを押し続けます。タブレットコンピュータ自体がオフになるまで15〜20秒間押し続けます。これがうまくいかない場合は、慎重にあなたのデバイスの筐体を検査し、小さな穴、符号付きワードのリセットがあるはずです。見つかった?素晴らしい!今すぐ針、ピンまたはまっすぐに伸ばしたクリップを持って、この穴に差し込みます。数秒後には、画面が真っ白になったことがわかります - これは、タブレットがオフになっていることを意味します。そこで、私たちは1つの問題を解決しました。しかし、それがすべてではありません、今、私たちはなぜフローティングプレート理由を見つける必要があります。このために何をすべきか、読んでください。

タブレットがフリーズしてオンにならない

考えられる原因

問題を解決するには、システムが何を失敗したのかを理解する必要があります。条件付きでは、理由は2つのタイプに分けることができます:

  • ソフトウェア。
  • ハードウェア

最初のものは、原則として、しばしば見つかる。 ソフトウェアの障害により、アプリケーションの1つが誤動作したり、ウイルスが存在したり、オペレーティングシステムのシステムファイルが破損したりする可能性があります。あなたのタブレットは新しい人生で癒されるので、すべての設定をリセットするだけで十分です。ただし、インストールされているすべてのアプリケーションと、蓄積されたすべての情報は、削除不可能な形で削除することができます。これを避けるには、設定をリセットする前に、必要なものすべてをフラッシュカードにコピーし、デバイスから削除します。そうすれば、データ損失からあなた自身を守ることができます。

ハードウェア障害は一般的ではありませんが、それがなければヘルプスペシャリストは排除できません。この原因は、回路基板のノードの損傷、および互換性のない/損傷したデバイスの接続です。停電が悪い場合でもガジェットのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。さて、これが、錠剤がぶら下がっている理由のすべてでした。

設定をリセットする
タブレットは何をすべきか

理由がまだプログラムの性質を持っている場合は、次のようにします。

  1. タブレットの電源を入れます。
  2. 「設定」メニュー項目、「プライバシー」(または「リセットと復元」)の順に進みます。
  3. [リセット]をクリックします。

重要! リセットを行う前に、タブレットをネットワークに接続してください。再起動には多くのエネルギーと時間が必要となるため、バッテリの完全放電を防ぐ必要があります。さもなければ、あなたのガジェットをリフレッシュする必要があります!

結論

まあ、もしあなたがタブレットを持っているなら、何をすべきか、それを正常な仕事に戻すために、あなたはすでに知っています。これを避けるには、ガジェットに優れたウイルス対策ソフトウェアをインストールしてください。信頼できないソースからプログラムをダウンロードしたり、バンプや水からデバイスを保護したりしないでください。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加