/ 法律の種類

法律の種類

法律の種類 - 法律の構造要素各システムは、既存の社会関係を支配する一定の法的規範のセットです。重要性と構造の違いにもかかわらず、すべての種は関連している。新しいタイプの法律の出現は、社会における既存の関係の複雑化が新しい法的および社会的規制当局の形成を必要とするため、国家における社会政治的変化の自然な帰結である。

ロシアの法律のシステムでは、法律の主要な枝州、行政、民事、刑法です。それにもかかわらず、上記とは独立して独立して考えることができる他の同様に重要な種が存在する。その中には、税金、銀行、税関、環境法などがあります。

法の体系では、手続き的かつ実体的な法律が選定されており、「法律の種類」という概念によって一般化することもできる。

したがって、実質的な法則の枝には、労働、憲法、市民、労働者、犯罪者である。彼らには、法の主体の行動の一般原則を強化する規範が含まれており、実質的な法則によって形成されています。後者は、法的関係の構成を定式化し、被験者の義務と権利を特徴付ける。

手続き法の種類は、管理上の性質を有し、権利と義務の履行手続を規制する。手続き法の規則は、プロセスに参加し、職務と権利を列挙し、特定の手続きの実施のための時間制限を設定するなど、その対象のサークルを決定する。手続法には、民事訴訟法、刑事および仲裁手続法が含まれます。

基本的な法律の種類とその特性

憲法は、国家の創造、国民の権利と自由の集約、法的地位の決定その他の措置のために通常発生する紛争解決のために、主な方法は成分固定法である。出典:憲法、連邦憲法、多くの基本的連邦法。

行政法の主題は次のとおりです。国家ガバナンスの実施に際して生じる社会関係。この種の法律の特質は、その権限が行政権の行使によってより大きく規制されていることである。方法:力と提出、命令的。出典:行政犯罪の法律、 "武器"と "警察"の法律。

刑法は、犯罪行為に関連する広報活動を扱っています。主な方法は、刑法の原則である刑事法である。

金融法は、順番に、規制銀行業務、ならびに様々な手数料および税金の徴収など、さまざまな業務を担当しています。主な方法はまた、必須の方法です。主な情報源は、税法、予算に関する法律、銀行や銀行活動に関する法律などです。

民法の対象 - 個人的所有権彼らの参加者の平等、意志の自立性、財産の独立性に基づいて、この法律に優先する方法は、ディスポジティブと呼ばれ、主な情報源は民法です。民法の種類には、この方向性のさまざまな枝があり、具体的な民事犯罪の種類と解決方法に依存します。

その他の種類の法律(主なもの): 家族(主体 - 親族関係で生じる個人的関係)、労働(労働の販売から生じる社会的関係を扱う)、刑事手続(刑事訴訟における主題関係)、民事訴訟法民事訴訟)。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加