/ /炭水化物の含有量:ハイライト

食品中の炭水化物含有量:ハイライト

炭水化物は、あらゆる食品に含まれる3つの必須および必須成分のうちの1つです。それらは水素、酸素および炭素からなるある種の有機化合物である。

学習速度と可用性のために炭水化物は人体の主要なエネルギー源となっています。さらに、それらはDNAおよびRNA分子の合成に直接関与し、消化管の機能を改善し、代謝を調節する。

炭水化物にはいくつかの主な種類があります。

  • 単純炭水化物(フルクトース、ラクトース、ガラクトース、スクロースおよびマルトース)。
  • 複雑な炭水化物(グリコーゲン、デンプン、ペクチン、繊維およびヘミセルロース)。

単純な炭水化物は完全に体に吸収されます。そして複雑な炭水化物が徐々に吸収されている間、血糖値を著しく増加させます。この特性は減量のための食事療法そしてさまざまな複合体で広く利用されています。

食品中のタンパク質、脂肪、炭水化物は体の正常な機能を維持するために。これらの物質のうちの1つが欠けていると、深刻な結果を招く可能性があります。例えば、炭水化物欠乏は肝細胞に脂肪沈着を引き起こします、それはその脂肪変性が発生する理由です。ケトンは血中に蓄積し、それが体内の環境の変化と脳組織の中毒を引き起こします。

炭水化物過剰は最も確実な方法です肥満。さらに、絶えず多くの砂糖を消費しているため、隠れた糖尿病や膵臓細胞の枯渇、つまりグルコースを吸収するのを助ける主要なインスリン産生の危険があります。

食品中の炭水化物含有量により、それらをいくつかの主要なグループに分けることができます。

  • 炭水化物の最大量(65 g以上)は、お菓子、砂糖、ジャム、蜂蜜、パスタ、米、ナツメヤシ、干しぶどう、ドライフルーツ、ビスケット、マシュマロ、オートミールとソバのお粥、干し杏とプルーンです。
  • 大量の炭水化物(40〜60 g)は、豆、パン、ハルヴァ、ダークチョコレート、ドライローズヒップ、イチジクです。
  • 平均炭水化物含有量(11-20グラム)はバナナ、大豆、新鮮な野バラ、ココナッツ、ピスタチオ、ホワイトチョコレートです。
  • 少量の炭水化物(最大10 g)は乳製品、野菜や果物、きのこ、豆、ナッツに含まれています。

栄養と言えば、それは注目に値する1日に消費される食物の炭水化物含有量は500 gを超えてはいけません。

体重を減らしたい人はそれを覚えておくべきです「空の」エネルギーと栄養素の欠乏を伴う食品は食事に含まれるべきではありません。例えば、お菓子や砂糖などの有害な炭水化物食品は、天然の蜂蜜やドライフルーツと交換することができ、精白米は、皮をむいていないものと交換することができます。

天然炭水化物は食事に最適です。彼らは空腹感のスリル満点の感触に対処し、完全に胃を埋めるのを助けるので。これらは全粒穀物製品と未精製穀物、野菜と果物、そして根菜類を含みます。この種の製品の炭水化物含有量は許容基準を超えず、同時にそれらはすべて低カロリーです。

天然炭水化物の間違いない利点ミネラル、ビタミン、可溶性および不溶性セルロース、バイオフラボノイドなどの有用物質を高含量で含みます。これらすべてが血糖値を安定させ、コレステロール値を下げます。

炭水化物含有量は重要です指標、しかし、まず第一に、それはあなたの体のためにこれまたはその製品がどれほど有用になるかに注意を払う価値があります。そのようなアプローチだけがあなたに良い姿を与え、あなたの健康を改善するでしょう。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加