/ / Eleutherococcus。禁忌。過剰摂取

Eleutherococcus。禁忌。過剰摂取

Eleutherococcusは長い間、治癒として知られていますロシアでは比較的最近に適用された。その薬学的性質は、民間の医者だけでなく、公式の医学によっても認められています。人体に有用な微小要素の真の倉庫はeleutherococcusです。禁忌は考慮する必要があります。

私たちの国では、東:サハリン南部のアムール地域、ハバロフスク地方で。 Eleutherococcus spinyは、Araliev家に属している低木植物です。その性質によって、それは「シベリア人参」と呼ばれた人参に似ています。

eleutherococcusの使用は本当に無制限ですが、その化学組成のおかげで。医学では、秋の後半に収穫される植物の根が特に高く評価されています。それはアルコール抽出物、チンキおよび錠剤の形態で製造される。すべての形態の薬は全く同じ効果を持ちます。否定できない利益に加えて、eleutherococcusの禁忌もあります。

Eleutherococcusは、人参と同じ場合に処方される。これは、ほとんどのアダクトジェンと同様に、独特の薬であり、刺激的で強壮効果があります。

植物根からの準備はエキサイティングです中枢神経系に作用し、反射運動機能、精神的なパフォーマンス、運動活性、食欲増加と視力を改善、減少血糖、外部からの影響に対する耐性を高める、代謝を刺激し、緊張を和らげ、快活を与えるには、ストレスに耐え、免疫システムを強化します。

eleutherococcusを含む癒しの植物は、薬を最大限に呼び出すことはできません。それらは、基本的な医学的または外科的処置の追加として使用されます。

植物のアルコール抽出物が最も頻繁に使用され、薬局で販売されています。 eleutherococcusが使用されている病気や病気の印象的なリストがあります。禁忌は、服用する前に検討する必要があります。

Eleutherococcusは強壮剤として作用し、効率、疲労、過労を低減した刺激剤。ストレス、様々な神経症、低血圧下で薬物を割り当てます。 Eleutherococcusは、重度の病気が疲労に至った後、重度の処置後にリハビリ中に慢性肺疾患を有する有害産業の労働者の疾病を予防するために適応される。肥満、インポテンス、糖尿病、婦人科疾患、病的閉経の治療法を適用する。

1〜3回の用量で朝と昼間の植物から薬を服用。投与期間および投与量は主治医によって決定される。

私はeleutherococcus(その使用に対する禁忌)が制御不能に使用できないと言わなければなりません。医師の指示がある場合にのみ、この投薬を受けてください。

睡眠に問題がある場合は、午後にEleutherococcusを飲まないでください。慢性不眠症に苦しむ人々は、この薬をまったく飲むことはお勧めしません。

あなたは赤ちゃんを待っているeleutherococcusの女性と授乳中の母親を服用することはできません。

12歳未満の子供には禁じられています。

月経中にこの薬を服用しないでください。

禁忌アテローム性動脈硬化症、心筋梗塞、高血圧、精神障害、急性感染症、高温。

個々の不耐性または薬物に対する過敏症の場合には、それを放棄すべきである。

特に暑い夏には、夏に甲殻類の治療を勧めないでください。

神経興奮で薬を服用させないようにする必要があります。

eleutherococcusはどんな副作用を引き起こすのですか?過剰投与は以下の影響の主な原因である。

夕方または夜に撮影された場合、薬は不眠症を引き起こす。下痢、月経周期の機能不全、不安、過敏症を引き起こす可能性があります。

それは他の薬と同時にEleutherococcusを飲むように注意する必要があります。それを取る前に、あなたはあなたの医者に相談する必要があります。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加