/ /授乳中のスイカは食べることができますか?

授乳中のスイカは食べることができますか?

ああ、夏! 太陽、海、果物と野菜、豊かなメロンとスイカ...母乳育児では、メロンは母親と子供にとって非常に貴重です。主なものは、正しいベリーを選ぶことです。さもなければ、中毒の危険がある。スイカをダイエットに正しく導入することも必要です。さもなければ、子供はアレルギーまたは消化管の仕事に問題があるかもしれません。

授乳中のスイカ

それは食べる価値がある

だから、あなたは授乳中のスイカやいいえ?専門家は、このベリーは単に必要であると主張する。結局のところ、女性の体内での授乳中に、有用成分、ビタミン、ミネラルの消費が増加します。そのような物質のストックは補充されなければならない。スイカには多くの微量成分とビタミンが含まれています。この製品は利尿剤として使用できます。主なものは乱用しないことです。ダイエットに新しい製品を導入するときは、子供の状態を注意深く監視する必要があります。

それは何ですか?

だから、胸のスイカのメリットは何ですか?食べる?彼らはマグネシウムとカルシウムの埋蔵量を埋めることができます。これらの物質は、母親が胎児と出産の長い妊娠の後で彼女の体を復元するのに役立ちます。また、スイートパルプにはビタミンCが含まれています。この物質は、女性の体の免疫システムの働きを強化し、あらゆる種類の風邪の発症に耐えるのに役立ちます。

スイカは鉄が豊富であることを忘れないでください。これは最も重要なコンポーネントの1つです。授乳中に、授乳の必要性は何度か増えます。鉄は体が貧血と戦うのを助けます。

スイカの授乳ができます

有用な酸

ベリーには葉酸が入っています。 この成分は健康な状態の健常な細胞の作製および維持に必要であり、その存在は特に体の急速な発達の期間、特に小児期の初期において特に重要である。だから、欲望があれば、安全にスイカを食べてください。母乳育児のときは、赤ちゃんにも役立ちます。母親にとっては、葉酸は美しく、さらには若々しい顔色を与えます。

大きなベリーでは、もう一つの重要なことがありますコンポーネントで、毒素を含む有害物質の体を浄化することができます。これはパンテノール酸です。この物質は睡眠を正常化することができる。これは、母親だけでなく、子供にとっても重要です。

一般的に、授乳中のスイカは非常に有用である。結局のところ、彼らは私たちが母の体の水のバランスを正常化することができます。これらの果実は、出産後に残る腫脹を除去し、余分な体液を除去し、排尿回数を増やし、母乳のより良い生産に貢献するのに役立ちます。

授乳中にスイカができるのですか?

入場料

練習が示すように、あなたは胸を持つスイカすべての母親に給餌する。主なものは、ダイエットに正しく導入することです。母乳が出てから3ヶ月以上前に瓢箪を食べ始めるのはお勧めしません。最初の60日間で、若い母親は厳しい食生活に従うべきです。これにより、子供は新しい食生活に慣れ、ミルクで得られた栄養成分を知覚することを学ぶことができます。女性は4ヶ月からメニューを多様化することができます。

新しい製品を導入するには、徐々に行う必要があります。 この場合、部分は小さくする必要があります。 5日後、生成物の量を増加させることができる。子供の状態を慎重に監視する必要があります。彼に腹痛や噴火がある場合、スイカは捨てるべきです。

赤ちゃんの授乳

スイカアレルギー

明白な利点にもかかわらず、胸のスイカ新生児に栄養を与えることは問題を引き起こしかねませこのベリーの組成はユニークです。しかし、この製品は最も強い食品アレルゲンに属しています。したがって、スイカは非常に注意して使用する必要があります。

母親にもわずかなアレルギーがある場合この製品は、それを拒否する価値があります。そのような倦怠感の徴候は、赤ちゃんに現れます。子供が素質を持っている場合、直ちにスイカは母親のメニューから除外されるべきです。反応を固定することは不可能です。さもなければ、それは慢性になるでしょう。その結果を適切に中和することも重要です。

しばらくしてからスイカを再試行することができます。おそらく、この問題は、子供の未完成の免疫が原因で生じました。

新生児を母乳で育てる時にスイカが可能ですか?

消化の問題

スイカの消費は制限されるべきです数量。そうしないと、軽度の障害が生じることがあります。主食の後に少しずつスイカを食べる必要があります。結局のところ、母親の胃に過負荷がかかる可能性があります。その結果、不快な感覚、重くなり、ガス生成が増加することがある。

子供も不快感を経験することがあります。 母親によるスイカパルプの過剰な消費の結果、赤ん坊は疝痛によって邪魔されることがある。このような果実は小さな部分で食べるべきです。スイカの量を増やすことは、製品が消化に問題を起こさない場合にのみ可能です。

可能性のある中毒

授乳中にスイカができるのですか?新生児は無制限に?もちろんです。このようなベリーの主な危険性は、間違った選択の結果、母親だけでなく子供にも重度の中毒を引き起こす可能性があることです。スイカには多くの硝酸塩が含まれていることを忘れないでください。これらの物質は、果実をより早く熟すことを可能にする。そのような製品の使用後、母親と子供は苦しむかもしれません。結局のところ、化学薬品はベリーに貯蔵され、容易に母乳に浸透します。さらに、子供の体は特定の物質の影響を受けやすくなります。母親の健康と幸福のために、少量の硝酸塩を全く反映させることができない場合、子供の場合でも、その一部は危険である可能性があります。

最初の月に授乳中のスイカ

スイカを食べるべきでないとき

まず第一に、あなたは胸の中でスイカを食べることができません授乳の最初の月に給餌する。これは新生児にとって非常に危険です。さらに、そのような食品が許可されていない多くの病気がある。まず第一に、スイカは糖尿病に苦しむ女性に放棄されるべきです。原則として、そのような食べ物は許可されていません。

また、メロンからは、排泄システムに問題があります。それは腎臓の石である可能性があります。健康の状態を悪化させるには、スイカと膵臓の病気の存在下ですることができます。似たような製品を食べる前に、医師に相談してください。

トラブルを回避する方法

だから、授乳中のスイカは完全にこれらの果実が中毒、アレルギー、およびその他の不快な現象を引き起こす可能性があることを忘れてはなりません。これを避けるには、適切な製品を選択する必要があります。初期の秋にのみスイカを熟すことを忘れないでください。春と夏の間にメロンを買わないでください。同様の製品は硝酸塩で被毒する可能性があります。未熟なスイカを食べることも勧められません。

なしで果物のみを得る亀裂や切れ目。あなたはまた、地面にではなく特別なトレイにある果実を選ぶべきです。道に沿って売られているスイカを買わないでください。

関連ニュース


コメント(0)

コメントを追加